FC2ブログ





第3変奏@ぐるぐるきらきら星、鋭意練習中! 

10月1日の発表会まであと10日を切り、のんきなタワシもさすがに本気モードに突入しました。発表会の練習曲目を中心に、タワシなりに集中して(笑)練習に励んでいます。

今回の発表会、「みんなのソナチネコーナー」と並ぶお楽しみ企画「ぐるぐるきらきら星」は、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」K 265 (300e)(主題と12の変奏)を、13人の参加者全員で一人1セクションずつ、リレー形式で弾き繋いでいくというものです。
提案者はNぴあのさん(←ほとんど伏せ字の意味をなしていませんね)以前からずっとやりたかった企画だそうです。
誰がどこを担当するかは自己申告制。まずはNぴあのさんが、提案者特権(❢)でテーマをを取り、タワシも比較的早い段階で(まともに弾けそうな変奏は限られてますからね(^_^;))第3変奏を選択しました。

第3変奏は、こんなの。

3連符が主体です。
タワシの手元の楽譜は、ここで弾かれているのより装飾音が多いです。
3小節目の最初のラと8小節目のド(四分音符)にもトリルがかかっています(再現時も同様)。
装飾音はなかなかキレイに決まらず苦労してるので、こっちの楽譜を採用させてもらおうかな~(笑)
でも練習の時点では自分の楽譜を使います。これも装飾音の訓練のいい機会ですからね。

しかしこの曲、プロ・アマ問わず動画ものすごい数アップされてますね!
CDも一体何種類出ているのか、容易には把握できないほどです。
皆さんおおすすめorお気に入りの演奏があったら 教えて下さいませ~

あ、もちろん、自由曲とソナチネタイムの曲も真面目に(笑)練習しております。
ソナチネは、あとはいかにミスを減らすかという段階です(タワシの場合曲想はごく初期の段階からつけてしまうので、ミスタッチを減らすというのが最終段階になります)。
自由曲(モニク)はそれより若干遅れているかな~?装飾音の入れ方などまだ、決めあぐねている場面がありますので。
「タワシさんがあんまり早くから練習に取り掛かると雪が降るからやめて~」という人もいましたが、さすがにもう言われない時期に突入していますよね?(^^ゞ
[ 2016/09/22 09:27 ] 発表会・コンサート | TB(0) | CM(6)