FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

09 | 2016 / 10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今週のシューイチは、グリーグの「25のノルウェーの民謡と舞曲」から第9曲「Geistliches Lied」を弾きました。
この曲集では、今年の7月に「ハリング」と「牛を呼ぶ声」をシューイチでアップしていて(http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1291.html)ありがたいことになかなか好評でしたので、今回再登場となりました♪

タイトルの 「Geistliches Lied」 は、聖歌、讃美歌、宗教的な歌、などいろいろな訳し方がりますが、ここでは「聖なる歌」としておきました。
PTNAの解説ページでは、この曲についてはこのように記されています。
 第9曲目は<私の眼が苦しみに遭ったとき>。この曲集が捧げられたブルの葬儀に際して演奏された、カタリヌス・エリングの宗教曲集からとられている。そのテクストの大意は、「私の眼が重荷に倦み、憧れの心でサレムの心地よい岸辺を仰ぎ見るとき、私の悩みは消えていく。」というものである。コラールの書法で書かれている。

タワシは、この解説を読む前に楽譜だけを見てイメージをあたためていました。それは眠る幼子イエスを見守る聖母マリアが歌う、優しい子守唄です。つまり、これ、クリスマスの曲かな~?と勝手に想像していたのでした。
実際にこの曲が書かれた状況とはずいぶん違いますが、曲としてはそういう解釈も十分許されるのではないかと思います。

それでは、どうぞ~♪






聖なる歌(グリーグ)

気がつけば今回もまた8分の6拍子だった~ しかもまた、いわゆる癒し系の曲調!
次回は、ちょっと違った傾向の曲にしたいと思います(笑)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +