<今週の録音>アマリリス(ルイ13世の歌)

いよいよ2016年最後のシューイチ録音となりました。
それも、<今年も残すところあと2時間>という差し迫った状況の中で、こうやって記事書いています(汗)
お尻に火がついてからバタバタするのは、来年も変わりそうにありませんね~
でも。今年も1年間、1回も欠かすことなく締切時間に遅れることもなく録音アップし続けたことだけは、自分で自分を褒めてあげよう!と思うのです。

そんな、今年ラストのシューイチは、アマリリスという歌曲です。
というと小学校の音楽の教科書に載っていたあのお馴染みの曲を思い出す方も多いでしょうが、残念ながら全く違う曲なのです。
が、「あのアマリリス」はかつて、ルイ13世の曲と信じられていた時代がありました。
そして「今回のアマリリス」は、詞・曲ともにそのルイ13世の真作と思われている作品です。
暗殺された父・アンリ4世譲りの音楽の才能に恵まれた王様だったようですね。

そういえば。。。「あのアマリリス」については、2012年の2月に、タワシはこんな記事を書いてました!
あの「アマリリス」はガヴォットだった!そして深まる作曲者の謎
お暇だったら読んでみてください~

今回のアマリリスは1620年の作だそうです。
譜面づらはバイエルレベルの易しさ、そして実質1ページという短さですが、400年前の王宮に響いた歌声や楽器の音たちを連想しながら弾くと、そんなことはどこかへ飛んでいってしまいます。
(本物の)チェンバロで弾いてみたいなあ~

それではどうぞ~♪






アマリリス(ルイ13世の歌)

年末らしいまとめ記事(「2016年の包括」、のような)が書けませんでしたが
本年もまた、オンラインでもリアルでも、ピアとも並びににブログ読者の皆さんには大いにお世話になりました。
2017年もよろしくお願い申し上げます。

では、皆様、良いお年を!!

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場