FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

3月4日の「ピアノバトルおふ」まで、ひと月あまり。前回の記事http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1377.htmlの最後に一言ぼそっと「本番までに間に合うのかな~」とつぶやいたタワシですが、いや、マジでやばいですよ。

昨夜オショーズのSさんに楽譜を見てもらったところ、な、なんと
「弾いてみたけどめっさ難しいですよこれ(瀧汗)」
と言われ、青ざめております。
2月に一度レッスンしてもらう予定ですが、果たしてどこまで曲になるのか?

技術的、音楽的に難しい点についてはさておいて(爆)
そもそもこの楽譜、やたらめったら♭が多いの!!
こんな感じです。
(←Click!)
この部分が特に多いというわけじゃなく全5ページ全体を通して♭の嵐です。
なぜこんなに♭だらけかというと実際の調と調号があってないためです。
画像のとおり譜面上は調号無しなのですが、実際にはハ長調もしくはイ短調になる場面すら全くなく、曲は変ホ長調とその同主調である変ホ短調を中心に推移していきます。
調性感が希薄で臨時記号だらけになるのなら 調号無しで記譜するのもまだわかりますが、これはそんな曲じゃないし・・・
Sさんがひとこと、
「グラナドスの記譜はおかしいデス。」
と斬り捨てたのでスッキリしました(笑)
まあそんなわけで山のような♭と闘ってます。
エントリー時のコメント(選曲理由)に 「♭との闘い!」と書いてもよかったかな(^_^;)

この曲は、名チェリスト・カサドの編曲による、チェロ&ピアノバージョンで弾かれることも多いです。

Granados "Goyescas" Intermezzo


私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

<8月13日> ♪ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11 全楽章(ハイドン) ♪スラブ舞曲 ホ短調Op.72-2(プリモ)(ドヴォルザーク) ♪枝折戸(オブーホフ) ♪アズラ(ルビンシテイン)
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文: