fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

「安易な捏造」を減らす
【2017/01/06 06:28】 雑記(@ピアノ)
タワシは以前 こんな記事を書いてました。
ミスタッチと、譜読み間違いと、得意技「捏造」。
タワシの演奏に満ち溢れる「楽譜と違う音」を、「ミスタッチ」と「譜読み間違い」そして「捏造」の3種に分類しているのですが、捏造については反響が多く、コメントには、「(ショパンやモ-ツァルトのような大作曲家でも楽譜にない音を即興的に演奏することがよくあったのだから)、捏造大いに結構なのでは?」という趣旨のものが複数ありました。

しかし今年は、クラシックに関する限りですが、極力「安易な捏造」を減らすように努めたいと思っています。
楽譜にもっと真剣に忠実に向き合う、と言い換えてもいいかもしれません。
左の欄の自己紹介にもありますが,実はタワシはポピュラーピアノ畑出身の人間で、「クラシック音楽は鑑賞専門、自分で弾きのはもっぱらポピュラー」という時期が長く続いてました。
言うまでもなくポピュラーは 旋律とコードだけの「Cメロ譜」を見ながら(あるいは耳コピでも)、演奏者が各自の自由なアレンジで弾くものです。
何事にもオモテと裏はあるもので、ずっとポピュラーピアノをやって身についたことの中には、プラスなこともあればマイナスなこともあります。そのマイナスな面は一言に要約すれば「楽譜軽視」です。
楽譜にある大事な音を平気で端折ったり、無い音を無意識に足したり、コードの展開形のパターンを勝手に変えるなんていうのは日常茶飯事でした。
特に譜読みがしんどい箇所や、指的に弾きにくい箇所で、「安易な捏造」は激しかったと思います。
これは絶対に「即興」なんかではなくて単なる「ごまかし」だったと断言できます。

繰り返しますが・・・今年はできる限り、そんな捏造を排除して、まずはとにかく楽譜通りに弾いてみよう!楽譜に書いてある情報を忠実に音にしてみよう!というのが目標です。
昨日も、ただいまマジ練習中のグラナドスの曲(オペラ Goyescas の Intermezzo)で、これまで適当にごまかしていた箇所をチェックして、テンポはすごく遅くなりますが楽譜通りに弾いてみたら、やっぱり全然違うのです!!もちろん、ポピュラー的には同じコードであっても、です。

もっとも・・・捏造力(?)のおかげで、人前演奏中に暗譜がとんでも何とか曲の流れを止めずに済んだり、教会で知らない賛美歌を弾くとき初見でもまあまあそれっぽく弾けたり、と、いい面もあるにはあるのですけどね。
捏造を減らす努力したら、そんな場面で困るようになるのかな?いや、たぶん大丈夫ですよね。たぶん・・・。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる