FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
フランス歌曲の伴奏、遊び弾き~
去年の10月に、地元の大学の図書館に行ってきた話をしましたが、
大学の図書館に行ってきました!
実はその後、貸出カードも作ってもらい(証明写真付きですよ!)、何度か通って、音楽や美術や歴史関連の本を借りてきています。

おとついの火曜日も、さわやかな冬晴れの青空の下、ママチャリをこいでキャンパスへ(・∀・)
運動不足解消のため、時には自転車を降りて引っ張りながら、お散歩も。
もちろん本も借りてきました。

今回借りたうちの1冊が「フランス歌曲集」です。
外見は、綺麗なクロス張りの表紙で新しく見えますが・・・
実態は「修理製本」というやつです。
中を開くと「古色蒼然」!
昭和25年8月10日 初版印刷とありました!
ちょっと謎なのは所蔵印です。大学名の下に「体育學部」とありました。体育とフランス歌曲の関係が気になります・・・

解説を見ると、漢字が旧字体なので読みづらい!
「恋」が「戀」とかね。(昔の人はいちいちこんな画数の多い字を、面倒がらずに書いていたんだろうか?)
ところどころ糸綴じで補修したあとも見受けられました。
なので、古い本ですが安心して譜面台にのっけて開くことができましたよ~

内容は・・・
ベルリオーズ、ビゼー、シャブリエ、ショーソン、フランク、グノーらフランスロマン派の歌曲が30数曲収録されています。
フランス歌曲といっても、ロマン派で固めた1冊なのですね。
ドビュッシーやラヴェルの曲は1曲もないし、、フォーレもいません。別の巻になっているものと思われます。
おかげで、楽譜を眺めているだけで曲が頭に浮かぶものがほとんどです(笑)

何曲かは、実際に伴奏パート(と余裕があれば歌パートも一緒に)音出ししてみました。
ビゼーの「朝」という歌曲は「アルルの女」にも使われているので、「こんなところで出会うとは!」という感じでしたし、「スペインのセレナーデ」は、中学の器楽コンクールの課題曲だったのでもう懐かしくって。
シャブリエの「蝉」はしつこく繰り返される不協和音の連打が、あのうるさいセミの鳴き声そのもので、変に(?)感動です。
ゴダールの「覚えていますか?」は歌もピアノも単純かつ軽やかで、数回弾いたら覚え、自然に弾き語りしてしまいました。
グノーの「セレナーデ」も日本でも昔から愛唱されてきた、親しみやすい名曲ですね。久々に弾きましたがやっぱり好きだなあ~

この楽譜の中のかなりの曲は、明らかに、プロがそのテクニックと芸術性をステージで披露するためのものというよりは、一般大衆が家庭で気軽に歌うような曲(今風に言えばJ-POPか?)なんじゃないかなと思います。
タワシワールドにもかなり近い世界のような気がして、勝手に親近感を覚えました。
貸出期間中 もうちょっとこれで遊ばせてもらいます(*^^)v

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<6月2日> ♪年老いしロビン・グレイ(スコットランド民謡) ♪2つのピアノソナチネ作品5より(フェルディナント ・リース ♪マズルカ(「秋の夢」より)(レビコフ)
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる