FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

12 | 2017 / 01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





久々にシューベルトの小さな舞曲を弾いてみました。
過去のシューイチでも、何度か、彼のワルツ集の中から弾いたことがありますが、今日の曲はワルツではなくドイツ舞曲(それもウィーンふう!)と題されています。
彼にはほかに、レントラーと題された曲集もあります。
が、シューベルトの舞曲集に関して言えば、タワシにはこの3種の区別がつきません。
(つい先ほど、「ワルツ・レントラー・ドイツ舞曲という呼び方は当時さしたる区別なしに用いられた」と書いてある記述を見つけました。それで納得がいきました!)
この曲集(D128)は1812年、作曲者15歳のころの作と考えられています。

全曲続けて弾いても十数分と思われる「プチ曲」の集まりなので、最初は序奏と1~3番までを続けて録音する予定でした。
が、かなり目立つミスタッチがどうしても無くならずあまりにも聞き苦しいため、今回はこの曲集の中で一番可憐で美しい<第2番>のみアップします。
なので今回、1分少々であっという間に終わってしまいます。あしからず(笑)
無理をしないのが長く続けるコツですもんね~(^_^;)







12のウィーンふうドイツ舞曲 D128~第2番(シューベルト)
http://blog-imgs-98.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110101_008.mp3

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +