ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>石踏み越えて(ウェールズ民謡)

  1. 2017.
  2. 02.
  3. 11
  4. (Sat)
  5. 21:03
またまた登場、世界民謡シリーズ(笑)!
今回はイギリス・ウェールズ地方に伝わる「石踏み越えて」という曲をお届けします。
最初にお詫びしておきますが、今週の曲は思いっきり季節外れです!
ざっくりういうと、夏の訪れを喜び、山歩きの楽しさを歌う曲です。
れんしうかいをあすに控えてバタバタしており、ほかに急遽アップできるような曲もありませんので、お許しくださいね~

最近、少しばかり、世界各国の民謡について勉強しているタワシです。
イギリス民謡と一口によっても、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの4つの地方ごとに明らかにカラーが異なり、同列に語ることはできない、ということを知りました。
ウェールズはもともとイングランドとは別の国だったのですが、イングランドとの戦争に敗れて征服されたという歴史があるため、非常に愛国的な題材のもの(そのほとんどはシリアスで悲痛な歌詞と旋律を持つ)が多い、という大きな特色があります。
が、この曲はそういったカテゴリの曲とは異なり、短調ながら明るく楽しい内容となっています。
歌詞も「楽し」「うれし」「胸は踊る」「心浮き立つ」というポジティブな言葉で満ちあふれています。
が、原詩の方は・・・残念ながら全く読めません!
馴染みのある英語とは、全く別の言葉(ウェイルズ語?ケルト語?)で書かれているので・・・
例えば冒頭部分はこんなふうです。
Fe ddaw wythonos ynyr haf,
Grweld hen gyfellon gaf;
Tros y mynydd, I Feirinoydd
Tros y garreg ac w'r af.

うう~英語だとこんな単語?と類推できるものさえ、ほとんどないですね。

メロディの方は、初めて楽譜を見たとき、「あ、この曲知ってる~」と思いました。
昔なにかの本に載っていて弾いたり歌ったりしたのかなあ・・・?
記憶をたどるも、それ以上のことは思い出せず。
でも、とても懐かしい気持ちで、弾かせていただきました。

それでは、どうぞ♪






石踏み越えて(ウェールズ民謡) 
http://blog-imgs-98.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110122_010.mp3

[広告] VPS

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a