FC2ブログ





<今週の録音> 紡ぎ車(ダットン) 

発表会1週間前、それに加えて聖歌隊の伴奏も練習しなくてはならないため、今週のシューイチはバイエルレベルの小品でご容赦願います(;・∀・)

手元にあった全音の「やさしいピアノ小品集」の中から 
Theodora Dutton「The Spinnning Wheel(紡ぎ車)」を弾きました。
作曲者について詳細は不明です。。
名前ですが、セオドラ・ダットンと読むのかな、と思いますが、本によっては「デュットン」と表記してあるものもありました。
迷いましたが、「ダットン」としておきますね。
Theodora Duttonが、Blanche Ray Alden という女性ピアニスト兼作曲家の別名義であるということだけは分かりました。
Melodious Program Etudesという楽譜も出版していることから、教育にも力を入れていたと推定してもいいと思います。
この曲もそういう、初心者の教育を目的とした曲集の中の1曲なのかもしれません。 

しかしバイエルレベルでも、ミスなしで(または極力少なくして)しかもアーティキュレーションも守って音楽的に弾こうとすると、初見でサクッと言うわけにはいかないものですね。
かなり繰り返してさらい、それでも思うように弾けていないです。
いや、ひとえにタワシの能力不足なだけですけど。 

糸紡ぎを題材にしたピアノ曲は、メンデルスゾーンの無言歌にあるものが有名でしょうか。
小さいお子様が発表会などでよく弾く、エルメンライヒの「紡ぎ歌」なんてのもありますね。
エルメンライヒ・・・他にどんな曲を書いているのでしょう?まったく知らない・・・

なお、今回の動画の画像は、糸紡ぎの女を描いた17世紀初頭の版画です。
Spinning wheelのWikipedia(英語版)から拾ってきました。
遠近感まるでなしの素朴なタッチが、かえってほのぼのしますよね?笑

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

紡ぎ車(ダットン)
[ 2017/06/10 23:09 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(2)