<今週の録音>バレエ音楽「コッペリア」より 情景(ドリーブ) 

バレエ「コッペリア」は コッペリアという名のオートマタ(自動人形)を、人間の少女と思い込み、一目惚れしてしまう村の青年フランツと、彼の恋人で、明るく無邪気だがやきもち焼きな娘、スワニルダを主人公とした、愉しい作品です。
このバレエのためにフランスの作曲家、レオ・ドリーブが作曲した音楽の中では、チャーミングなワルツが断然有名で、次いで活気にあふれたマズルカもよく知られています。
もちろんタワシだって、そのワルツもマズルカも大好きですが、今回はあえて、シューイチらしく(?) この2つの有名曲以外の小品を弾いてみました。
ちょうどその2曲(ワルツ&マズルカ)に挟まれた、「情景」です。
ふたつの舞曲の間の箸休めともいえる部分ですが、これがまた、かわいらしくもほほえましく、いい感じなのですよ♪

しかし!今回、いつもにも増して 練習が足りないままのアップとなりました。
その理由は、身の丈に合わない「とある曲」を、ほんのちょっと指に当てるつもりで音出ししてしまったら、すっかりそのとりこになってしまい、いい加減シューイチに取り掛からなきゃと思いつつ、その「とある曲」の練習に、のめりこんでしまったからです。
(「とある曲」とは・・・「ただいま練習中」のとこにも書きましたので隠しても意味ない。ショパンのノクターン第5番Op15-2 ですよ~ 笑ってやってくださいな)
こんな手抜き録音でほんとにすみません。それでもやっぱり、できる限りシューイチは続けたいのです。

それではどうぞ~♪
なお、ひとつ お断りがあります。
曲の最後の部分 少し改変しています。
楽譜ではこうなっています。
IMG_0070(1).jpg

これはもちろん、次の曲(マズルカ・ニ長調)に続けるための橋渡しになっているからで、今回は、「情景」のみ単独で弾いているので、普通の三部形式としてまとめてあります。

[広告] VPS

バレエ音楽「コッペリア」より 情景(ドリーブ)
[2017/07/29 22:08] 今週の録音 | TB(0) | CM(8)