免許更新で、5年前と5年後を思う。

8月1日(火)、運転免許証の更新で、地元の警察署に行ってきました。
免許取得以来ほとんど運転の経験がない、筋金入りのペーパードライバーですが、身分証明用に更新し続けてます。
(今はマイナンバーの「個人番号カード」=写真つきにグレードアップしたもの=でも証明書になるのかも知れないですが、いろいろリスクもありそうで怖いですね。)
平日の午前中なので、待ち時間もほとんどなくスムースに更新手続きができました。
視力がちょっと不安だったんですけど(7月の職場の検診どおりなら、ほんとにギリギリ)一発でOKでした。「ハイ、見えました~」と係の女性の元気な声。(タワシの見た限りでは視力検査で引っかかっている人はいませんでした) メガネを作り直すのもビンボー人のタワシには痛い出費なのでほっとしました。
免許証の写真、変顔に写ることがしばしばありますが、今回はまともに撮れてました。現物が悪いのでそれなりですが、前の写真が元が悪いものに輪をかけて悪くなっていたのを思えば、満足です。
とはいえ、5年ぶり(前述のようにペーパードライバーですから必然的にゴールド免許です)の写真が、寄る年波を感じさせるものであるのは事実でした。

まあ、そんなことがあって、5年前の自分と、(次回更新するであろう)5年後に自分いついていろいろ考えさせられたのですが、
ここではピアノのことに限って話しましょう。

5年前の過去記事を見ると、当時もシューイチやってたんですよね~ 
ちょっと驚きました。が、アップするためのツール「VOON」のサービス停止により、聴けなくなっておりまする。
さらに、当時はバロックにはまっている頃で、スカルラッティのソナタやバッハのフランス組曲(第2番)などやっていたようです。
今弾けといわれたら弾けないですよね。まともに弾けるようにならないままに、いつのまにか撤退しちゃったということか・・・
そのうちまたバッハをはじめとするバロックが弾きたくなるでしょうか?風の吹くまま、気の向くままに~です(笑)
残念ながら、この5年間で弾いている曲の難易度がまったくあがっていないことだけは紛れもない事実ですが、演奏はどうでしょう?少しは上達したのか、それともいつまでも同じ場所であがいているのか。
レッスンを受けたり、独学でも日々まじめに修練を積んだりして、年々どんどん上達しているピア友さんたちが、なんだかどんどん遠い場所に行ってしまうように思えるタワシでありました。

そして思いは5年後へ・・・!
加速する老化と、必死に戦っているのかな~などと、否定的な思いが、まず頭をかすめましたが(苦笑)
きっとたぶん今と同じように、自由気ままで、ユルく、時には熱い、ピアノライフを送っているんだろうなと。
上手になりたいという欲がないわけじゃないですが(もうちょっと欲があればいいんだけど、と、としばしば言われます)
健康でピアノが弾ければ、それだけでもうほとんど満足です。
ピアノ仲間は、やっぱりいてほしい。タワシの性格的に、まったくの独りだったら、きっとどこかで挫折する(or挫折してた)と思うんです。
5年前と今では、コメント欄に登場する名前もだいぶ変わっていて、「出会いもあれば別れもあるのが世の常か~」と思いつつも、
一抹の寂しさを感じたりもします。
5年後には新しいピア友さんもきっとたくさんできているでしょうが、できるなら、今お付き合いのある人たちとも末永く交流できて行けたら幸せです。

というわけで、皆様今後ともよろしくです~♪

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場