<今週の録音>歌人の最後の歌(ウェールズ民謡)

今週のシューイチは、前々回の「日の出」に続き、またウェールズ民謡です。
今回は「歌人の最後の歌(Dafydd y Garreg Wen)」という曲を紹介します。

この曲は、ウェールズの有名なハーピスト(兼作曲家)David Owen(1712-1741)が、死の間際に、愛用のハープをベッドに持ってこさせ、それを奏でながら歌った辞世の曲、として伝わっています。
なので、漢字の表記は本当は「最後」より「最期」がふさわしいと思いますが、一応楽譜の表記に従っておきますね。
曲の原題、「Dafydd y Garreg Wen」とは David Owenの別名(通称)で 訳せば「White Rock(白い岩)のデイヴィッド」ということになります。
実はタワシ、何の根拠もないのに、勝手に「年老いた吟遊詩人が、過ぎ去った日々を回想しながら、ハープを奏で、歌う。(そしてそのまま力つきて死んでいく)」という情景を想像していたのですが・・・
実際のDavidさんは吟遊詩人じゃなくてこんな家
A_ghost_disturbs_Pete_and_Sian_Allport_after_moving_to_Garreg_Wen_near_Porthmadog,_home_of_the_harpist_Dafydd_y_Garreg_Wen_(1556991)
に定住していたし、わずか28、9歳という若さで亡くなってました・・・
なお、現在一般に歌われている歌詞は ウェールズ民謡の研究者と、詩人という二つの顔をもつCeiriog Hughes(1832−1887)という人の手になるものだそうです。

今回、ビデオ編集ソフトがどうも不調で、やむなく、MP3TUBE( 音声を動画ファイルに変換する)を使いましたことを、お断りしておきます。
それではどうぞ〜♪
[広告] VPS


歌人の最後の歌(Dafydd y Garreg Wen)(ウェールズ民謡)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場