FC2ブログ





音源がないとき 

次回(明日)のシューイチでUPしようとしている曲、ちょっと探してみたところ音源がないようです。
ちょっと、というのはグーグルやYouTubeの検索窓に曲のタイトルを(原語でも)入れてもヒットしなかったという意味で、もっと念入りにあの手この手で探せば見つかるのかもしれません。
ピアノの王道からはずれっぱなしのタワシにしてみては、これはそんなに珍しいことでもないんです。

音源がないとき、ちょっとがっかりしますが、正直
「やっぱりないか~、ま、いいか」
と思う程度ですね。
そもそも、演奏の「お手本」を期待して、YouTubeを試聴するということは、基本的にはないのでね。
ただし、曲が、(編曲モノでない)クラシックのピアノ曲である場合は、譜読みの間違いがないか、もう一度楽譜を見直すようにしています。
タワシの場合、音源を聴く大きな目的のひとつが「うっかり譜読みミスを発見する」ということなのです。
いまだに、目よりも耳から曲を覚えるほうが楽なタイプなので。
それに比べたら、ポピュラー系は、人によってさまざまなアレンジがあるのが当たり前なので、楽譜と違う音を出しても平気なのです。
特にタワシのレパの一部である「世界の民謡」などは、地域により、また時代により、多様なバージョンが存在するのでそういう意味ではすごく気が楽ですね。

もしもタワシがもっとピアノが上手ければ、YouTubeに動画が見つからないとき、「おっ、一番乗りだ、やったね!」 と思うかもしれないな。
一般には知られていないけど、美しい、素敵な曲が、世界に数え切れないほど存在することは確かで、自分の演奏がきっかけとなってその知られざる名曲と出会い、好きになってくれる人が一人でも二人でもいるなら、それはとってもすばらしいことだと思うのです。 

[ 2017/09/15 07:52 ] 雑記(@ピアノ) | TB(0) | CM(4)