FC2ブログ
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

「易しい」曲も、満足に弾けない・・・

前記事に書いた、「バッハの息子」つながりで、J.C.F.バッハ(Johann Christoph Friedrich Bach)~大バッハの下から二人目の息子~のソナタも練習してます。
実はこのソナタ 6つの易しいソナタ(6 Leichte Sonaten)の中の1曲で、曲想といい規模といい難易度といい、まさに「ソナチネアルバム」に入っていそうな曲です。
が、これが満足に弾けません!
どうしても弾けない難所があるわけではないのですが、何箇所かつまづきやすい箇所があり、もぐらたたきのように、弾くたびに違う部分でトチる、という感じです。
完璧に弾けないのはじゅうぶんに想定内ですが、「ま、これくらいなら、シューイチにアップしてもいいか」という許容範囲までもなかなか行かなくて、「あ~自分の実力はいつまでたってもこの程度なんだなあ」と我ながらがっくりします。
(そのうちにDustBoxでも入れようと思います。でないと、このカテゴリもなかなか増えない)

それにしても、「易しい」と明記された曲、あるいは、こどもの初級者向けの曲集に入っている曲が弾けないのはかなり落ち込みますよ。独学とはいえ、どんだけ長いことピアノ弾き続けているんだ、と思うと。
もちろん、モーツァルトが自ら「初心者のための小さなソナタ」と明記したK545(ソナチネアルバムに入っているハ長調のソナチネ)のように プロでも美しく弾く困難さを認めている曲もありますが。
タワシが満足に弾けないといっているのは、そういう音楽的な表現の問題とは別の次元の話ですからねぇ・・・。

このブログでも、もう何度となく繰り返して言っていますが、タワシのピアノライフは、かのロベルト・シューマン先生の名言「やさしい曲を立派に美しく弾くように努力すること。これは、難しいものを平凡に演奏することよりもずっとい良いことだ。」を座右の銘にしているわけですが、道のりは遠いですね。ふう。
たぶん一生追い求めて、満足できないうちに人生を終わるのでしょう。

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

今日の練習メニュー
<1月17日> ♪無言歌より「なぐさめ」(メンデルスゾーン) ♪ああ麗しのべルメランド(スウェーデン民謡) ♪村の夕ぐれ(ミュルデ) ♪飲めや歌え(バルトーク) ♪古い田舎の踊り(アルボー)
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる