FC2ブログ





<今週の録音>「6つのやさしい小品」より 4.Romanze (フンメル) 

今回のシューイチは オーストリアのピアニスト・作曲家 フンメル(Johann Nepomuk Hummel 1778 - 1837) の、「(とても)6つのやさしい小品Op.52)」より、第4曲「Romanze(ロマンツェ)」です。(とても)とカッコつきで書いたのは、版によってタイトル表記が違うためです。
次回も8分の6拍子の曲をアップする予定といっていましたが、予定とは異なり、3拍子の曲となりました!

実は1年前にこの曲集の第3曲「テンポ・ディ・メヌエット」をシューイチにアップしておりました。興味のある方はこちらも聴いてみてくださいね♪
<今週の録音>テンポ・ディ・メヌエット(フンメル)

この曲集は、各局の性格や調性からすると、単なる6つの小品の寄せ集めというより、一連の組曲、もっと分かりやすく言えば6楽章制のソナチネ、と理解したほうがいいと、タワシは考えています。(6楽章制といっても、第1曲は指慣らしにスケールをさらっと弾くだけだし、第5曲もごく短いです)
そうすると、緩徐楽章に当たるのが、この第4曲「ロマンツェ」です。
「ロマンツェ」は「ロマンス」のドイツ語読みで、音楽用語では、美しい旋律を持つ叙情的な曲のことです。

ちなみに、第6曲「ロンド」は、「フンメルのロンド・ハ長調」として単独でも親しまれている、フィナーレにふさわしい明るく快活な曲です。
これもそのうちアップしたいと思ってます。

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS


「6つのやさしい小品」より 4.Romanze (フンメル)
[ 2017/09/23 21:41 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(8)