FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

ST Rockerさん主催「知と音楽の世界・第3回」に行ってきました♪

ご報告が遅くなりました!この前の土曜日(11月25日)都内某所で、ブロとも ST Rockerさん主催の「知と音楽の世界」というイヴェントに参加してまいりました!

ST Rockerさんは、
理系なのに熱く音楽、政治・経済を語り、酒と冒険と音楽をこの上なく愛し、「ビートルズに関してはまだ誰にも語り負けたことがない」と自負する方です。
詳しくは ブログ ビートルズの新しい解析のページを、ご覧ください♪

このイベントは毎年1回開催されており、今回が3回目でした。
主催者・ST Rockerさんの「プレゼン」、アマチュア写真家・シンディ・ハーバーさんの写真による「スライドショー」、参加者が演奏や歌唱を披露したりみんなで歌ったりする「ミュージックタイム」の3部構成となっています。
会場は、ベヒシュタインのあるサロン。飲食可で、アットホームでリラックスした雰囲気なのがGOOD!
多趣味なST Rockerさんの人柄を反映し、参加された方々も、年齢層も趣味も、さらに参加のきっかけもさまざまでした。

今回のプレゼンのテーマは「宇宙」というスケールの大きな話題、二次会でわかったところでは、みなさんの一番の関心事は宇宙人の存在だったようです。笑
シンディ・ハーバーさんのスライドショーも素敵でした
そして休憩を挟み、いよいよミュージックタイムの幕開けです〜

第2回に引き続き、ST Rockerさんのお知り合いで、関西在住のフルート奏者・作曲家である上松明代さんがゲスト参加されました!
(第2回は参加できなかったタワシは、上松さんとは初対面でした)
上松さんのHPはこちらです⇨ 上松明代 音楽の力
せっかくベヒシュタインのピアノがあるのに、ミュージックタイムの時間枠は1時間半足らず、ピアノを弾いたのは4人のみというのは、ピアノ弾き的にはちょっともったいない気もしましたが、みなさん慎ましくて積極的に2局目を弾こうという方もおられなかったので、ちょうど良かったのかな笑
もちろん、ST Rockerさんの、ブログタイトルにするほどお好きなビートルズの弾き語りや、みんなで歌おうコーナー(今年は「ジングルベル」)などは、今年も大盛り上がりでしたよ〜♪

タワシのソロですが、
1巡目にあまり有名でない讃美歌2曲(「雪降る夜に愛の小羊」「ベツレヘムの町」)のタワシ編曲バージョンをメドレーで弾き、2巡目は Johann Wilhelm Hässler(ヨハン・ヴィルヘルム・ヘスラー)のソナタイ短調を演奏しました。
が・・・会場のベヒシュタインがタワシにとっては弾きにくい楽器で、タッチコントロールが思うようにできず苦戦・・・
ヘスラーのソナタに至っては、練習二日目のDustBoxといい勝負という出来で・・・(涙)
いろんなピアノに対応できる順応力が欲しいです、ホントに。

そしていよいよ、上松さんとのアンサンブルですが、長くなりますのでこれは別の記事にさせていただきます。
(しばしお待ちを〜)
演奏の後、上松さんによるミニレクチャーと、こ自身の新作動画の紹介がありました。
ホラーとコメディーが好きという上松さん。それを生かした映像と、ご自分の奏でる音楽を融合させて、独特の世界を作ってらっしゃいます。個性的なアプローチがとても興味深かったです。

興味深いといえば!二次会での皆さんの会話も、ピアノ弾き集団の二次会とは全く違った、「タワシの知らない世界」(笑)の話が続々出て、楽しかったですね〜
翌日の礼拝の準備がありますので、残念ですが二次会は途中でおいとましました。

イベントは、おそらく来年以降も続くと思います。
ご都合が合えば是非ご一緒しましょう〜♪

[タグ未指定]
[ 2017/11/30 11:42 ] 練習会・弾き合い会 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。