fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

一月も半分以上過ぎてから振り返る 2017年

2018.01.19 (Fri)
たいていの人は一年の終わりにやる、いわゆる「今年の総括」ですが、タワシは年末は仕事と教会が多忙すぎてそれどころではなく、一年を振り返る余裕などありません。
なので一月も半分以上過ぎた今になって、簡単に振り返ってみました。

一言で言って「平穏無事に過ぎた1年」でした。
生ピアノを買ったとか、レッスンに通い始めた、などの大ニュースもなく(笑)、いつものペースで淡々と時が流れていたッという感じですね。
シューイチ録音も一回も欠かすことなく続けることができましたし。締め切りギリギリになったことは何回かあれど、大きな病気や怪我、PCトラブルなどで、存続の危機を感じたこともありませんでした。
録音をアップするのに、2017年2月より、主に「FC2動画」を使うように。(しかしやはりYouTubeの方が何かといいかなと思うところもあり、タワシにとっては少々敷居は高いですが、検討中です)

2017年は、人前で演奏する機会が比較的少ない年でした。
ステージで弾いたのは、3月の「ピアノバトルおふ」と、6月の「ねこカフェ発表会」くらい。
3月はオショーズのSさんも「なぜこんな難しい曲を?」と言われたグラナドスの「ゴイエスカス前奏曲」を弾いて、やっぱり撃沈!テンポが上がりすぎて自滅でした。
6月はピアノバーでの発表会初体験。会場がバーということもあり、シャンソンの名曲「詩人の魂」を演奏。
発表会はちょっと苦手(普通の練習会の方がずっと好き)のタワシですので、今年も年2回程度参加できればいいかなと思います。

教会では、新しい聖歌隊長の元、聖歌隊が大改革。
練習時間も大幅にアップし、長い曲にも定期的にチャレンジし、聖歌隊らしくなってきました。
各声部ごとの音取りなどしっかりやるようになり、これがタワシ自身のピアノ演奏にも少なからずいい影響を与えているようにも感じてます。

そして2017年を振り返って何より特徴的だったのは「アンサンブルの機会が増えた」ということ。
2度の「たのしい練習会(仮)」では、主催者のクレモナ親父さん始め、複数の方のヴァイオリンと合わせました。事前に楽譜を準備して練習した曲もあれば、その場でぶっつけで初見演奏したものも。
さらに11月には、某イベントの中で、プロのフルート奏者・上松明代さんとのアンサンブルが実現。上松さんのアレンジによる「宵待草フルート変奏曲」の伴奏をさせていただきました。まさかの、リハ・音合わせ一切無しという状況に戸惑いつつ、さすがプロという、余裕の演奏に乗っかって、何とか無事に任務完了となりました。
「たのしい練習会(仮)」は今年も続きますし(今度の火曜日に第3回が開催されます!)、上松さんともまたご一緒したいと話し合っています。

こんな一年を終えて、今年は新春第一弾の記事にも書いた通り、「身の丈プラスαの志」を抱く一年にしたいなと思ってます。
今までのところ、相変わらず身の丈にぴったりの曲ばかりの、易しい小品ばかり弾いてるような気もしますが・・・
細部のクオリティには、今までよりは多少なりともこだわるようになってきたかな?
コソ連(こっそり練習)でもいいから、「もっと骨があって規模も大きくてピアノ曲らしいピアノ曲」にも、チャレンジしていきたいですね。
 | HOME |