FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

フーガとセットじゃなくても・・・〜BWV849プレリュード〜

2018.02.28.Wed.23:47
今年は、2週間前の水曜(2月14日)が、「灰の水曜日」つまりレント(四旬節)の最初の日でした。(イースターや受難日が、その年によってカレンダー上の日付が変動するのと同様、「灰の水曜日」も年によって日は異なります)
信仰の先輩たち、あるいはこんにんちでも敬虔なクリスチャンたちは,レントの期間を断食や祈り、慈善活動のうちに過ごした(過ごしている)ものですが、タワシはごく普通の生活を送ってます(^^;;
とは言ってもこの日、十字架上のイエス=キリストを思わずには聴けない(弾けない)BWV849のプレリュード http://www.ymm.co.jp/pianorg/detail/23 を、身の丈不相応にも弾いてみたのは、神様の導きだったような気がします。

実は・・・それから今日まで2週間の間、たまに弾かない日を挟みつつも、このプレリュードを練習し続けてます。
未だにビフォー版を上げるにも程遠い状態ですし、多分これからもひっそりとひとりで音を並べて満足するような気がしますけど、でも大事に大事に弾き続けていきたいと思ってます。

BWV849・・・それはつまり、「平均律」第1巻第4番です。
今更言うまでもありませんが平均律クラヴィーア曲集といえば「プレリュード」と「フーガ」のセットが、24の各調ごとに一組づつ、調はハ長調から始まって半音ずつ上がっていく、という構成になっています。
もちろんプレリュードとフーガはセットで弾くことが極めて望ましいです。それはタワシだって百も承知してます。
でもシンフォニアの1曲も弾いたことがない(ついでに言えばインベンションだって遊び弾きで何曲か音出ししたことがあるに過ぎない)タワシには、平均律のフーガはどれも、あまりにハードルが高くて。
一方、プレリュードの方は、頑張ればそこそこ弾けるようになる可能性のありそうな曲がいくつかあります。
邪道と言われるかもしれませんが、そんな、もしかしたら弾けるかもしれないプレリュードたちだけでも、実際に指に当ててみたいなあと、そんな気になりました。

BWV849のプレリュードは、バッハが当時10歳くらいだった長男のヴィルヘルム・フリーデマンに教育目的で弾かせていた曲でもあります。
(フーガの方はおそらく、もっと後になってから、練習させたのでしょうね)
偉大な父はどんなふうに息子に教え、10歳の息子はどんなふうに弾いていたのでしょう。
もしタイムマシンがあったなら、ぜひその現場に立ち会ってみたいものだ、と、一瞬思いました。


 | HOME | Next »