ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
月別アーカイブ  [ 2018年02月 ] 

バーゼル、じゃなくてパーセル・・・だよね? 

2、3年前になると思いますが、ネットオークションで楽譜をゲットしたとき、おめあての楽譜におまけで(セット売りしていたので)ついてきた、子供向けの曲集の中に、こんな曲がありました。
IMG_0274.jpg
(サムネイルをクリックしてご覧ください)
作曲者のバーゼルって誰?そんな人知らんよ〜!
Barzel? (ググったら、ライナー・バルツェルという政治家がヒットした・笑)その他「バーゼル」で予想されるスペルをあれこれ当てはめて検索するも、それらしき人名にはたどり着けず・・・

自分で何度か弾いてみて、やっとひらめいたのです。
もしかしてこれはパーセルのミスプリントじゃないのか、と。
Henry Purcell  ー 英国では数少ない、クラシック音楽史のBIG NAMEです!

推測通り、バーゼルじゃなくてパーセルでした(^_^;)
⇩この曲ですね♪


いくら子供向けの楽譜だからって、このミスは、ちょっとひどすぎですよね。
こんなにいい加減でいいはずがありません。
作曲者にも、子供たちにも失礼です!

さらに個人的な希望を言えば、子供や初心者対象の楽譜でも、曲名や作曲者の表記は原語も併記で、作品番号や、出典(複数楽章の作品や組曲などの場合)もわかるようにしておいてほしいものです。

ところでこの曲弾いていると(特にこの動画で0:28あたりから!)バッハのゴールドベルク変奏曲のテーマが頭に浮かんで弾きたくなっちゃいました。楽譜、うちにもどっかにあったはず(あくまで鑑賞の手引きとして!)
どちらも同じ、ト長調の変奏曲、というせいもあるのでしょう。
( 2018/02/07 10:45 ) Category Classical music(~バロック) | TB(0) | CM(4)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア