FC2ブログ





謎の曲 "The King's Morisco"の正体は・・・ 

前回のシューイチ録音は、作曲者不詳の「王のモリスコ」という曲でしたが、記事にも書いた通り、これがいつの時代のどんな曲なのか、モリスコとはなんなのか、全くわからないまま、手元にあったペラのコピー譜(それもどこからコピーしたかも記憶がない)を弾いてアップしちゃったのでした。

何もかもわからないままでは、さすがに気になって仕方がないので、あのあと、調べてみました。
判明したこともまだ謎のままのこともあるので、今日は「調査結果・途中報告」ということで・・・

「王のモリスコ」で検索した結果はヒット0件でしたが、「The King's Morisco」で検索すると、YouTubeに演奏動画が複数見つかりました。
そのうちの一つがこれ⬇︎です・


こ、これは、ヴァージナル(小型のチェンバロ)!そうか、ヴァージナルの曲だったのですね。
さらに、「Fitzwilliam Virginal Book」という楽譜集の中に入っていることもわかりました。
Fitzwilliam Virginal Book は、ルネサンスから初期バロックにかけての鍵盤音楽の最も大事な資料で、かつては「エリザベス女王のヴァージナル曲集」と呼ばれていたそうです。(女王が所持した履歴がないことから呼び名が変わったとか)
そして何と、無料楽譜サイトIMSLPで閲覧・ダウンロードできるんです!
http://imslp.org/wiki/Fitzwilliam_Virginal_Book_(Tregian,_Francis_(the_Younger))
いい時代になりましたね。
王のモリスコは Fitzwilliam Virginal Book CCXLVIIとありますから、ええと・・・247番?ローマ数字はとっさには読めないなあ(爆)

ついでに、タワシがどこから楽譜をコピーしたかということもほぼ分かりましたよ。
バロック・ピアノ曲集 (新編世界大音楽全集, 器楽編 ; 44)
である確率が極めて高いです。
何年か前、隣市の図書館から相互貸借で借りたことがあるのを思い出しました。(地元の図書館にはなかったため)
https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN08765696に、曲目のリストも載っていて、そこに確かに「王のモリスコ」とあります。さらにそのすぐ上に「コラント / 作曲者不詳 = Corranto / anonymous」とあるのですが、これが、3月にシューイチで弾いたコラントだと思われます。「バロック・ピアノ曲集」をもう一度借りれば、ハッキリしますね。

依然としてわからないのは「モリスコ」とはなんぞや?ということです。
昔の舞曲の名前なのでしょうか?
引き続き調査したいと思います。

最後に、ヴァージナルといえば・・・あのフェルメールに「音楽のレッスン」という絵画があるんですけど、ここに描かれてるのはまさにそのヴァージナルですよね?