FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

 
29
 
最近なぜか、「昭和レトロ」なものに、やたら懐かしさを覚え、心惹かれているタワシです。平成という時代がもうすぐ終わろうとしていることも多少は関係あるのかもしれないけれど、それより何より、こういう感情を抱くということはトシをとったってことですね。

さてそんな中、とあるクラシックのCDを入手したく、ネットオークションを覗いていたところ、とても懐かしいものが出品されていたのが目にとまりました。
日本コロムビアから発売されていた「名曲カセット文庫」です!
大学生になり、クラシック音楽の魅力にはまり始めた当初、貧乏学生タワシのアパートの部屋にはステレオもなく、音楽を聞く手段は「ラジカセ」しかありませんでした。
その頃大いにお世話になった、いわば青春時代の思い出の品です。

londonparistokyo1961-img1200x900-15172058151pqhin22647.jpg
(ネットから拾った画像。これ、確かに持ってました!)

「名曲カセット文庫」は、全50巻のシリーズなんですが、タワシはそのうち少なくとも半分以上は持っていたと思います。本格的な交響曲、協奏曲などの大曲もあれば、通俗名曲のオムニバス小品集もあり、バランスのとれた構成でした。
そして、記憶に残っているのはレコードジャケットならぬカセットケースを飾る印象派の名画の数々・・・ルノワールの絵が多かったですが、モリゾという美人女流画家を知ったのもこのシリーズがきっかけでした。
londonparistokyo1961-img900x1200-15172058133gghgk22647.jpg
(同じくネットから。これはルノワールですね♪)

ちなみに、「カセット文庫」の一つ前のバージョン(?)が、「カセット名曲ギャラリー」というシリーズでした。
実はこれが、タワシが初めて自分で買った、クラシックの音楽メディアになります。たいていの人はCDか、LPだと思います、カセットというのはかなり珍しいんじゃないかな?ミュージックカセットって、演歌のイメージじゃないですか?笑
(ちなみに最初の一巻は「アルルの女(ビゼー)」と「ペールギュント組曲(グリーグ)」のカップリング。学校の音楽の時間「音楽鑑賞」の教材になっていたので親しみがあったのです)
やはり50巻のシリーズでしたが、室内楽に力を入れていたようです。タワシも、スークトリオやスメタナ四重奏団の名演奏を、このシリーズで愛聴してました。

「名曲カセットギャラリー」は赤と白のツートンカラーが印象的な、シンプルな外装でした。
i-img1200x1200-15259612616ewmuo4073.jpg
(これまたネットから。これも持ってましたよ〜!)

懐かしさのあまり、競り落として手元に・・・と、一瞬考えましたが(いずれも入札ゼロでした、ライバルはいなさそうです・笑)テープは経年劣化が激しいから、まともに聴けないかもしれないと思い、やめました。
そういえば、好きな曲を聴きすぎて、テープがびろんびろ〜んと伸びちゃった経験、ありませんか?そんな時はこう言ったものです!「あ〜ん、ワカメになっちゃったよ〜」

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<8月4日> ♪「無言歌集」より岸辺にて、追憶、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪小ロンド(ニーマン) ♪メヌエット(滝廉太郎) ♪母の歌(橋本国彦)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Copyright © 私はタワシ / Designed by Paroday