fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>さらば ロッホアーバー(スコットランド民謡)
【2018/07/07 23:27】 今週の録音
今回も締切ギリギリになってしまいました。余裕のあるときに「録り溜め」をしようと思いつつ、なかなかできないでいます。まあ、お尻に火がついたときの瞬発力というのも、育てておいて損はないのかもしれませんが(笑)

前々回、前回と、アイルランド民謡が続いた後、今回はスコットランド民謡です。
スコットランド民謡にもいろいろ名曲がありますね。
日本人には馴染み深い ペンタトニック(五音音階)が使われていることもあって、我が国で古くから親しまれている曲も少なくありません(「蛍の光」「麦畑」など)

今回の曲は、スコットランド民謡のうちで最も有名になっているものの一つだということですが、日本ではそれほどポピュラーではないような気もします。
愛しい恋人に別れを告げて戦場に赴く兵士の曲で、ロッホアーバーというのはスコットランドの地名(山地の名)です。
武勲をたてることができなければ死あるのみ、と悲壮な覚悟を歌っています。が、最後は、「もしも敵を破って帰ることができたなら、その時は決してロッホアーバーを、君のもとを離れない」と曲を結ぶ・・・。これは、軍歌であると同時に、熱烈なラブ・ソングでもあるのですね♡

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

さらば ロッホアーバー(スコットランド民謡)



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる