FC2ブログ





星空コンサート~音楽とプラネタリウムのコラボレーション~ 

先週末から昨日にかけて、エアコンが壊れて業者に修理に来てもらったり、教会の信徒修養会で鬼怒川温泉までお泊りで行ってきたり、といろいろ出来事がありました。
一応音楽ブログなのでその辺は割愛して、今日は先週の金曜日にうちの近所のプラネタリウムで開催されたコンサートの話を。

第27回 星空コンサート~音楽とプラネタリウムのコラボレーション~
⇧これに、行ってきました♪
地元茨城県出身のケーナ奏者・渡辺大輔さんを中心としたカルテット(ケーナ、ヴァイオリン、パーカッション、ピアノ)が、プラネタリウムに映し出される映像をバックに、おなじみのナンバーや渡辺さん自身のオリジナル曲などを奏で、演奏の合間にはプラネタリウムの生解説もありました。
渡辺さんは元・市役所職員。ケーナを独学で習得し、フォルクローレの本場・南アメリカのの旅などを経験したのち、2013年からプロ奏者として活躍しているという経歴の持ち主。
その素朴ながら深みのある音は、文字通り魂の奥深く染み入るようでした。
自作の曲も、耳なじみがよく素直な音の運びで、とても好感が持てました。
MC(トーク)も楽しかったです。

ヴァイオリンは、とくに「You raise me up」など民族色の強い曲が魅力的に響いてました。プログラムに(ヴァイオリン、フィドル)と書いてあるところを見ると曲によって楽器を持ち替えてたのかな?
パーカッションは、6種くらいの楽器を持ち込んでいて、終演後も舞台に人だかりが出来てました。
唯一残念だったのがピアノです。アップライトなので仕方がないかなあ。
屋根を開けて、他の楽器同様マイクで音を拾ってましたが、星空解説のBGMの時にはマイクオフにしてました。
星空コンサート毎月一回は開催しているようなので、ヤマハの小さいサイズでもいいからグランドを置いてほしいです。

ドリンク付きでワンコインという入場料が安すぎると思えた、満ち足りた1時間少々でした。
終演後にステージに行き、譜面台に置いたままの楽譜をのぞき見、椅子に置かれたケーナたち(マイクが一本混じってますが・笑)の写真を撮らせていただきました。
IMG_0640.jpg
ピアノもいいけどやっぱり笛も好きだ〜♪