FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

08 | 2018 / 09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





※今回の記事は、睡魔が押し寄せる中、締め切り時間に追われてやっつけ仕事でアップしましたので(苦笑)、今日(9/3)になって加筆修正しました〜

今回のシューイチは、
歌劇「魔弾の射手」やピアノ曲「舞踏への勧誘」などで知られる、ドイツの初期ロマン派の作曲家、ウェーバー(Carl Maria von Weber 1786-1826)の「子守唄」です。
もともとは、『5つの歌とひとつのカノン』(作品13)の中の1曲。
歌詞は、ヒーマー (Franz Karl Hiemer,1768-1822)というドイツの詩人の手によるもの。
幼子のすやすや眠るベットの脇で、その可愛い寝顔を見守る母が歌うララバイ。
民謡らしい雰囲気を持つ、素朴な、優しい曲です。

それにしても過去のシューイチを振り返ってみるとかなり「子守唄率」が高いですね〜
そしてFC動画用の画像には、眠る子猫が登場する確率がこれまた高いです。
ワンちゃんでも、あるいは他の動物でもいいのでしょうが、なんとなくネコちゃんになってしまいます(笑)

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

子守唄(ウェーバー)

(追記)
ウェーバーの作品13は、もともとはギター伴奏の曲だった、という情報がありました。
調べてみると、実際、こんなCDも発売されています。
Weber: Complete Songs for Voice and Guitar
一方、無料楽譜サイトIMSLPの、この曲のページ
5 Lieder und ein Kanon, Op.13 (Weber, Carl Maria von)
によれば、楽器編成: Solo voice and Piano となっています。
ギター伴奏とピアノ伴奏、どちらかがオリジナルでどちらかが編曲版、ということだと思いますが、どっちがどっち?
タワシも引き続き調べてみますが、ご存知の方がありましたらご教示ください。

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +