FC2ブログ





第一楽章も練習開始!K304 

台風21号、特に風がすごかったですね〜 皆様のところは大丈夫でしたか?
被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
タワシは昨日は火曜(定休日)だったので、近所のドラッグストアにちょっと買い物に行った以外は、ほぼ一日中家でおとなしくしていました。
こんな日こそ弾きこもりのチャンス!!・・・のはずでしたが、低気圧のせいか気力が出ず、台風のTVニュースをつらつらと眺めて時間が過ぎていき、夜になってやっと少し、エンジンがかかったという感じです。

そんな中、モーツァルトのヴァイオリンソナタK304のピアノパートの練習も・・・。
これまでは、もっぱら2楽章のメヌエットばかり弾いていました。2楽章は本当に好きで好きで好きで。2楽章だけでもう十分だ、と思ってたんです。
2楽章へのそんな熱愛は揺るぐことはありませんが、ブロともさんに「1楽章はやらないの?1楽章もいいよ〜」と言われたことがきっかけで(また自分でも、せっかくソナタをやるんなら全部通してやってみたい!と思ったこともあり)、昨日初めて第1楽章のピアノパートを、ボロッボロながら最後まで通して弾いてみました。
第2楽章は悲しみが浄化され、寂寥感の中にも安らぎが感じられるのですが、それに比べて第1楽章は悲痛な感情が生々しくストレートに伝わってきて、精神状態の良くない時に弾くのは正直しんどいかも。。。
いずれは全曲通してお相手と合わせられたら最高ですね。でもやっぱりまずは第2楽章から、かな。

名曲だけあって、YouTubeにもさまざまな名演奏がアップされていますね。
今日は、チョン・キョンファとケヴィン・ケナーの、情感あふれる演奏を紹介しておきます。


Kyung-Wha Chung : Mozart - Violin Sonata No.21, K.304

[ 2018/09/05 07:09 ] Classical music(古典派) | TB(0) | CM(10)