fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

アンデスくんとヘンデルさん(ソナタ ハ長調 HWV365)

2018.09.21 (Fri)
今日はまず、前々回の記事に書いた中古楽譜のその後の話を。
無事、返品が認められて返金処理も完了しました。
ただ、口座に現金で振り込まれると思っていたのはタワシの早とちりで、実際は、購入のときにクレジットカードを使用していましたので、返金の処理もクレジットで行われるということでした。現実的には次回のクレジット使用分から相殺されるという形です。なので確認できるのはしばらく先になります。
まあ、最大手通販会社の保証制度もあることだし、心配はしてませんが。

さて、この前の火曜日(火曜はタワシの定休日!)のことです。
アンデスくん(SUZUKI andes 25F)を練習するために、自転車で教会へ行ってきました。運動不足解消も兼ねて、いつもほとんど通らない、かなり遠回りなルートを使いました。気候のいい春や秋には積極的に「遠乗り」を楽しみたいですね〜

無人の教会で、一時間ほど吹きまくりました!
「キューピ−3分クッキング」のテーマなど、ネタ的なものも間に挟みつつ、今回の練習のメインはなんとヘンデルのソナタ!ええ、かなり背伸び曲ですよね。
でも、こういうモノ⬇️を買ってみましたので
2018092108571614d.jpeg
もうやるっきゃないでしょう。笑

これ、リコーダーJP というところから出ている、リコーダーの練習用のマイナスワン音源(つまりカラオケ)のCDとミニチュア版のスコアが、セットになったものなのです。
HWV365は以前から愛聴している曲ですし、この曲、実は音域がアンデスくんにピッタリなんです!
ということで、ハードル高いのはわかっていたんですが、トライしてみました。

楽譜はミニサイズなので、いつものピアノの楽譜と同じくらい(見開きでA3)になるように拡大コピー。
CDはiTunesに取り込み iPhoneで再生。
それに合わせてアンデスくんを鳴らしま〜す♪

いきなり本格的なソナタなんて難易度高すぎですが、今回は無謀にもよりによって第1楽章と終楽章にチャレンジしました。
案の定、途中でついていけなくなりましたが、それでも伴奏との初合わせはすごく楽しかったです。
録音はありません。ICレコーダー持参しなかったので。もちろん、iPhoneでも録れますけど、伴奏再生でふさがってますものね〜笑
いつか生のチェンバロ、いやピアノでもいいか、と合わせられたら、どんなにか気持ちいいだろうか❤︎と思いましたが、今はこれで十分満足です。

最後に、 Michala Petri, recorder & Keith Jarrett, harpsichord による、ヘンデル・リコーダーソナタ集のYouTubeを貼り付けておきますね。
キース・ジャレットはジャズピアニストとしての方が圧倒的に知名度が高いと思うんですが、こういうのも弾くのですね〜!
タワシが練習中の、H365の第一楽章は17:52から、フィナーレ(第5楽章)は26:11からです。


Handel Recorder Sonatas

 | HOME |