fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>ましろのきぬきて(聖歌365番)(ノルウェー民謡〜グリーグ編)
【2018/09/22 23:23】 今週の録音
今回のシューイチは久々に讃美歌を。「聖歌(日本福音連盟 発行)」の365番「ましろのきぬきて」という曲を弾きました。
「聖歌」とは、ここでは固有名詞で、日本福音連盟によって1958年に発行された讃美歌集のことです。タワシが前に通っていた教会で使っていました。残念ながら今は絶版になっている模様です。

どの教会でもそうかもしれませんが・・・何百曲もある讃美歌の中で、実際に礼拝に歌われるのはその一部に過ぎず、裏を返せば、長い教会生活の中でも一度も歌ったことのない讃美歌というのは結構あるものです。
実は今回の曲もそんな、(少なくともタワシにとっては)馴染みの薄い讃美歌の一つです。もっとも国や地域によってはよく歌われていると思われます。原題で検索すると、YouTubeにもかなりの数の演奏(歌唱)動画がありましたから。

原題は
Great White Host
または、歌詞の最初の行をそのまま取って
Behold a Host, Arrayed in White
と呼ばれています。
作詞者は
Hans Adolf Brorson(1694-1764)
彼の息子が、父の死後数年経って遺品を整理していた時に、この詩が書かれた紙を見つけたんだとか。
曲は「ノルウェー民謡」とされていますが、編曲者としてあの大作曲家、グリーグの名が記されています!

聖歌のタイトル、全部ひらがなでは、ちょっと見て何のことか理解できなかったりしますね。
漢字で書けば「真白の衣(きぬ)着て」となります。
歌詞は、ヨハネの黙示録7章(9〜17節)に忠実に基づいた内容となっています。

たいてい、讃美歌をアップする時は「タワシアレンジ」が入っているのですが、今回はあえて楽譜通りに弾いています。
・・・と書きましたが、実は原語の歌詞が知りたくて、ネットでこの曲の楽譜をいくつか見てみたのですが、タワシの使った「聖歌」の楽譜と、和声の付け方が若干異なる点がありました。
例えばこの楽譜
0856=856.jpg (クリックしてご覧ください)
の、2小節目の和声が違っています。
もしかしたら聖歌に収録する時に、歌いやすいように平易な和声にしたのでしょうか?
もしそうなら弾き直したい!グリーグの書いた通りの和声で!
と思いましたが、時間切れでした(汗)。なので「聖歌」そのまんまのバージョンで行きます!!

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

ましろのきぬきて(聖歌365番)(ノルウェー民謡〜グリーグ編)

[READ MORE...]

テーマ:聖歌・讃美歌 - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる