FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
12月になり、シューイチ、今週からクリスマスキャロルを、とも思ったのですが、もう1回通常モードにさせていただきます。
アンリ・ベルティーニ(Henri-Jérôme Bertini 1798-1876) の「ロマンツァ」です。
ベルティーニは、フランスのピアニスト・作曲家で、20数冊、曲数にして500曲あまりの練習曲を遺した人です。
今回録音した「ロマンツァ」が収録されている作品101も、おそらく初級者向けの練習曲集と思われます。(「ロマンツァ」はいかにもロマン派っぽいメロディアスな曲という印象ですので)ブルグミュラー系の練習曲なのではないでしょうか?

子供向けの楽譜で見開き2ページ、という短さなのに、後半はいかにも(もっと長い曲の)コーダっぽい書法になっています。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

ロマンツァ(ベルティーニ)

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2018/12/01 22:46】 | 今週の録音
トラックバック(0) |

こんにちは~(・▽・)
いもコン
可愛らしい曲ですねぇ♪
手作り人形でオペレッタをやっているような楽しい曲ですね(>▽<)

一個前のトーメさんは同じフランスの方で長調だけれど
エレガントな感じで大人な雰囲気でした♪
生ピアノの空間を感じさせる音も影響しているのかな?

お仕事 お忙しそうですねぇ(〇◇〇;)
お風呂上りにストレッチとかして 身体を労わってあげてくださいね!
それでは また~(^▽^)

いもコンさん>
私はタワシ
毎回、シューイチの感想ありがとうです〜

>可愛らしい曲ですねぇ♪
手作り人形でオペレッタをやっているような楽しい曲ですね(>▽<)
→なるほど〜そんな風に聞こえましたか!
いかにもロマン派っぽい小品ですが、子供向けの曲なのでやっぱり可愛い要素も意識しているのかもしれませんね。

>一個前のトーメさんは同じフランスの方で長調だけれど
エレガントな感じで大人な雰囲気でした♪
生ピアノの空間を感じさせる音も影響しているのかな?
→トーメさんは今はほとんど忘れられている存在ですが、彼の作品の中では「飾らぬ告白」というサロン風の曲が一番有名です。こういう路線の曲が得意なんでしょうね。
前回の「プロムナード」ですが、これでも子供向けの練習曲の中の一曲なんですよ〜
ピアノを習えるのは良家の子女が断然多かったと思うのですが、彼女たちはこんなロマンチックな曲を弾きながら、まだ見ぬ恋の相手を思い、二人で優雅にワルツを踊る様子を想像してたかもしれませんね♪

>お仕事 お忙しそうですねぇ(〇◇〇;)
→はい、それはもう!でも郵便局が今暇だったら大変!私も失業してしまいますよ。笑

コメントを閉じる▲