FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

一昨日の日曜日には、初参加となる調布市でのピアノの集まりに参加し、二次会も含めてとても素敵な時間を過ごしました。
感動が新たなうちに記事を書きたいのもやまやまですが、あえてそれは後回しにして、只今開催中の、かつさん主催ピアノWeb発表会にエントリーしましたので、取り急ぎ、そのお知らせを。

エントリー時のコメントは以下の通りです、
1.私はタワシ
2.「こどものための12の小品より」子守歌&ロマンス
3.グリエール
4.ロシアの作曲家レインゴリド・グリエール(1875-1956)が、1907年に子どものために書いた、美しくロマンティックな小品集の中から、2曲を選んで弾いてみました。
穏やかで暖かな音の流れの中に、近代的な響きも織り込んだ子守歌、そして切ない恋心を情感たっぷりに歌い上げるロマンス。子どもむけの曲にしてはかなり大人っぽい印象もありますが、ロシアの子どもたちは早熟なのでしょうか。
演奏者は「やさしい曲を美しく弾く」ことを生涯の目標にしている、独学のデジピ族。スタジオでのグランドピアノ録音にもチャレンジしましたが、極めて残念な演奏しかできず、結局弾きなれた安物デジピでの録音でのUPとなりました。
5.https://youtu.be/axZWgDDGxNE




実は・・・この2曲のためにかけた練習時間は3日間です。
他の曲でエントリーするつもりでいましたが、偶然知ったこの曲に心を惹かれ、Web発表会はすでに始まっているというのに、曲目を変更することに。
いくら休日で時間があるとは言っても、3日じゃ、練習期間、絶対足りないですよね。
でも、タワシにしては珍しいほどの集中力で、頑張りました!

いつもはFC2動画なのですが、今回「発表会」ということですので、タワシとしては気分的にハードルが高いYouTubeを使いました。
聴いて頂けたら幸いです。

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

<8月13日> ♪ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11 全楽章(ハイドン) ♪スラブ舞曲 ホ短調Op.72-2(プリモ)(ドヴォルザーク) ♪枝折戸(オブーホフ) ♪アズラ(ルビンシテイン)
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文: