fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>なつかしのキル・ウィレ(アイルランド民謡)
【2019/05/04 23:35】 今週の録音
令和初のシューイチ録音です♪
記念すべき令和第一弾は、いつもよりは長くて弾きごたえのある、やや本格的(?)なレパートリーに挑戦したいとか、そうでなくてもせめてグランドピアノでの録音にしたいとか、あれこれ考えていたのですが・・・
結局いつものデジピでいつもの路線になってしまいました〜笑
まあ、長く続けるためには無理しないのが一番ですよね??

世界民謡シリーズ、このところ、スペイン・バスク地方の民謡が続いていましたが、今回はアイルランドの曲を・・・♪
アイルランド民謡といえば、ロンドンデリー・エア(ダニーボーイ)、春の日の花と輝く、庭の千草などなど、名曲揃い。
そんな中から今日は「なつかしのキル・ウィレ(Cnocáinín Aerach Chill Mhuire)」という曲をお届けします。
「世界の様々な国々を訪れ、裕福で豊かな暮らしぶりも多々目にしてきたが、暖かく喜びあふれるなつかしの故郷にまさる場所はどこにもない」という内容の歌詞が付いています。
今回の演奏は「世界民謡全集・イギリス編Ⅱ」に基本的に基づいていますが、日本語タイトルも、そこでのものに従いました。
ただし、ここで「キル・ウィレ」と表記されている地名 Chill-Mhuire は、英語で書けば Kilmurry であり、「キルマリー」と呼ぶのが一般的なようです。
キルマリーとは「マリアの教会」という意味で、実際古くからこの地では教会が地域のシンボル的存在であったようです。
動画の画像は、今は廃屋となった、この地に建つ古い教会です。

今回もまたまた一夜漬けで、ミスタッチなど、満足できない点も多いですが(あとで、余裕があれば録り直すかも…)どうかご容赦くださいませ。
それでは、どうぞ〜♪

[広告]

なつかしのキル・ウィレ(アイルランド民謡)


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる