FC2ブログ





<今週の録音>メヌエット D600(シューベルト) 

またまたシューベルトの舞曲が登場です。
でも今回の曲は、今までシューイチで紹介してきた曲たちとはちょっと毛色が違います。彼の舞曲(ワルツ、レントラー、メヌエットなど)としてはかなり珍しい、短調の曲なのです。
ややシリアスな曲調で、踊るための曲という感じはしません。むしろソナタの中の一つの楽章という印象ですね。それにしては短いですが・・・

この曲について調べてみたところ・・・
1814.5.29日付が入ったミサ曲第1番D105ベネディクトゥス草稿の余白に書かれている。
トリオD610と同じ曲(D600が主部でD610が中間部)と見ることもできる。
ということがわかりました。
ただし、両者が本当に同一の曲かどうかは疑問です。D610はアウフタクトで書かれているので、そのまま演奏しては拍が合わないのです。
D610とセットで弾くことも考えましたが、今回はとりあえずやめておきました。(610がどうしてもノーミスで弾けなかったというのが最大の理由です^^;)

それでは、どうぞ〜♪


メヌエット D600(シューベルト)
[ 2019/07/20 23:57 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(8)