FC2ブログ





久々のステージ!「真夏の午後に降る星は」(音楽の星座スピンオフ企画) 

一昨日の月曜日(振替休日)は、昨年の3月以来という、久々の人前演奏(ステージでの本番)でした。
コンサートの題名はブログ記事のタイトルの通りです。
「音楽の星座」という恒例のコンサート企画が去年をもって終了となり、今回、特別にスピンオフ企画として1日限りの復活となった次第です。
主催のご夫妻&コアスタッフの皆さんの、豊かなセンスと影の労苦によって、普通の発表会とは異なり、毎回ユニークなテーマと凝った演出で、耳でも目でも楽しめるコンサートとなっていた「音楽の星座」(「イロモノおふ」も同様)。
今回はスピンオフということで、会場も参加者数も例年の「星座」よりは小規模ではありましたが、「映像とのコラボ」を前面に打ち出して、全演奏のバックに、曲にあった映像を映し出したのが大成功だったと思います。

今回、プログラムに曲目を載せるにあたって、各人がいつもの「ひとこと」に加えて短歌を寄せる、という試みもありました。テーマにちなみ、「真夏の午後に降る星は」という部分が固定されていて、それ以外の部分を埋めて5・7・5・7・7の短歌にするのです。
タワシの作った短歌は
円舞曲 真夏の午後に降る星は いまひとたびの Shall We Dance
過去にシューベルトのワルツ・メドレーを「星座」で弾いたことがあるので。それを踏まえた内容にしました。
最後の句、英語らしく発音すると音節が3つしかなく「字足らず」もいいとこなのですが、ブロークン・イングリッシュで「シャル・ウィー・ダンス」と読めば字数はバッチリですよね?笑(あ、それならカタカナ表記にすべきだったのかな?)

で、肝心の演奏ですが・・・
何度も書いている通り、今回の選曲は、身の丈にあったサイズと難易度の曲にしたつもりでしたが・・・
久々のステージでやっぱり緊張してしまい、ミスタッチを量産してしまいました。涙
こんなに易しい曲ですらまともに弾けないってなんと情けないの?という思いが一瞬心をかすめたけれど、
音楽の流れを止めることはなく、弾き続けられたのは良かったと思います。
後半になるにつれて動悸もおさまってきて、ピアノの響きを聴けるようになってきました。
School Daysの方は楽しく弾けたんじゃないかな〜という気がします。

で、自分の弾いているときはバックに流れる映像を確かめることができませんので、お友達に写真を撮ってもらったりもしました。
映像のチョイス、すごくいい!特に、School Days!熟年カップルの写真が一枚混じっていたのが素敵でした。

歌あり、連弾あり、ヴァイオリンや鍵盤ハーモニカとのアンサンブルあり、即興演奏あり・・・と、今回も多彩だったみなさんの演奏ですが、今回は、映像との相乗効果で、さらに輝きを増している、と感じました。
中でも、映像とのシンクロ率が高くて驚いたのは、フランクのヴァイオリンソナタ(4楽章)。まさに奇跡のコラボという感じでした。

2次会も、開始時間が早かったので、ほぼ最後まで参加することができて楽しかったです。
お料理も美味でしたし、いろんな興味深い話が聞けました!

主催者&スタッフの皆様、ご一緒した皆様、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!
音楽の星座がこれで最後というのが寂しすぎますが、きっと近々(ちょっと形を変えて?)復活してくれると信じています。そこでまたご一緒できれば幸いです。

68272065_2351418421740635_7938323963694809088_n.jpg
[ 2019/08/14 08:58 ] 発表会・コンサート | TB(0) | CM(16)