FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
台風19号ではご心配おかけしたしました。
今朝もTVで茨城県の被害状況を見たという母(富山在住)から、身を案じた電話がかかってきましたが、幸い被害はありませんでした。
土曜から日曜にかけて何度もスマホのアラートが鳴り、レベル5(!)の避難勧告が来たりしましたが、こちらは川からは離れているし、地盤のしっかりした平地なので、家の中でおとなしくしていれば大丈夫だろうとは思ってました。(それでも、停電や断水の危惧は少しはありました)
これ以上被害が広がらないように、また復興が早く進むように、お祈りしています。

今日は、以前こちらでも何度かお話しした、新しいオカリナの購入に関して、報告します。
いろいろ検討した結果、吟オカリナ・コヒャン(故郷)モデルを買うことに決め、注文するも、納期が延期になり、気長に待つ覚悟を決めていたタワシでしたが・・・
昨日、注文先のオカリナハウスさんからメールが。納期のメドがたったのかしらと思って開いてみると、その文面はショッキングなものでした。。。

吟オカリナをご予約いただきまして誠にありがとうございます。
納期についてご連絡させて頂きます。
納期が遅れており、お客様には大変お待たせしご迷惑をおかけしております。

改めて、製作者に状況を確認したところ
新モデルの「故郷(こひゃん)」シリーズの製作がうまくできずに納期が大幅に遅れ、
それに伴い別モデルの製作にも影響を及ぼしている状況とのことでございます。

只今ご予約いただいているオカリナの納期ですが
現在よりあと「5ヶ月後」になる見込みです。


元から人気モデルだったことに加え、消費税アップの影響もあって需要が増えたので、生産が追いつかないのだろうと思っていましたが、制作が難航していたとは!
『吟』の制作者の経歴はユニークで、以前はフレンチ&イタリアンの料理人や、バーテンダーをしていた方で、オカリナ制作は独学で数年の経験しかないと聞いています。
文句なく、天才肌の人なのでしょう。
ただ、師匠もいなくて経験が浅いとなると、スランプになった時、大変なのでは?と思いました。
工房から直接送られてくるわけでなく、一旦オカリナハウスで検品、試奏し、基準に合った製品だけをお客に届けるということですから、不良品(失敗作)をつかまされるリスクはごく低いでしょうが、5ヶ月後に楽器を手にできるかどうかも、あくまで見込みにすぎず、考えた末に一旦この注文はキャンセルすることにしました。

そんな次第で、新しいオカリナ選びは振り出しに戻ってしまいましたが、きっとさらに良い出会いがあると信じてまた情報収集しようと思います。
「コヒャンの音色を楽しみにしている」というコメントも頂いていたのですが、コヒャン君とは「ご縁がなかった」ということですね〜
(ちなみに「縁」は仏教用語なので、クリスチャンの仲間内では「主のお導き」という言い方をすることが多いです〜)

ではでは。何か進展がありましたらまた報告しますね。

FC2blog テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2019/10/15 12:57】 | Ocarina,Recorder,Tin-whistle
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


こんにちは~(・▽・)
いもコン
オカリナ 残念ですね(;◇;)
でも職人さんがスランプを脱したら
今までよりもさらにすごいオカリナが出来そうですね♪

シューイチの曲
ウェイルズの民謡も哀愁が漂ってすごく素敵だったんですが
イングランド民謡の
最後の低音の音のズドーンって落ち込んでる感じ
悲壮感がすごかったです(☆▽☆)

台風はすごく怖かったですよね
タワシサンが無事でよかった!
シューイチ楽しみにしてます(^▽^)

はじめまして!
マダム・ヒーヅル
易しい曲を美しく弾く
という言葉に同感です。
音数が多いと管理ができないので、逆に易しい曲にしちゃいます(笑)

2019/10/15 21:28 の鍵コメさん>
私はタワシ
コメントありがとうございます♪
のちほど個人的にお返事させていただきますね〜 しばしお待ちを!

いもコンさん>
私はタワシ
こんにちは!台風大きな被害が出ていますが、まずはお互い無事でよかったです。とはいえ被害にあった方のこと思うと心が痛みます。自然の猛威は怖いですね。

>オカリナ 残念ですね(;◇;)
でも職人さんがスランプを脱したら
今までよりもさらにすごいオカリナが出来そうですね♪
→はい、今回は残念ながら注文キャンセルとなりましたが、将来もしも機会があったらまた購入を検討するかもしれません。デザイン的にもかなり気に入りましたので・・・
職人さんには心からエールをおくりたいです。吟オカリナの工房の人に限らず、いい音を生み出すために日夜頑張っている全ての職人さんに!
ちなみに今日オカリナハウスのHPを見たら、このモデルは8〜9ヶ月待ちに訂正されてました・・・

>シューイチの曲
ウェイルズの民謡も哀愁が漂ってすごく素敵だったんですが
イングランド民謡の
最後の低音の音のズドーンって落ち込んでる感じ
悲壮感がすごかったです(☆▽☆)
→毎回、シューイチの感想もありがとうございます!
イングランドの曲は死がテーマですから短くてもやはりそれなりの悲壮感がありますよね〜
2週続けてシリアスな曲調のものになったので 次回は明るく軽快な曲にしようかな?(^_^)



マダム・ヒーヅルさん>
私はタワシ
初めまして!ようこそ当ブログへ!
ご訪問&コメント、感謝です♪

>易しい曲を美しく弾く
という言葉に同感です。
→共感していただけて嬉しいです。偉大なシューマン先生のお言葉ですが、やればやるほどその難しさを実感しますね。

>音数が多いと管理ができないので、逆に易しい曲にしちゃいます(笑)
→音数の多い曲への憧れは、ないと言えば嘘になります。
でも私にはやはり技術的な壁があるので、「これこそが私の生きる道〜」と、すでに心決めているようなところもあります。笑

コメントを閉じる▲