FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
先々週、先週と、シューイチでは、シリアスな歌詞と物悲しい曲調を持つ「歌モノ」が続きましたので、今週は軽快で楽しい曲がいいかなあと思っていました。
が、今週はピアノ自体はかなり弾いたものの、優先してさらわなくてはならない曲があったため、なかなかいいシューイチのためには時間をさけず・・・昨晩になってやっと曲を決め、楽譜をプリントアウトして、昨夜と今朝、集中して練習頑張りました!
弾く曲の難易度は全く上がりませんけれども(^^;;)練習2日目や3日目のクオリティは(あくまで過去の自分比で)これでもそこそこ向上しているような気がします。←自分に甘い?

今週の曲ですが、実は作曲家についての情報がゼロに近いです。
わかっているのは生没年くらい。
Rémy Clavers (1891 — 1940)
と、無料楽譜サイトimslpにありました。
1914年に出版された作品10「子どものための6つの小品」(6 Pièces enfantines)の第2曲目が、今回弾いたガヴォットです。
タイトルがフランス語で書かれていることからすると、フランス人なのかな?曲の雰囲気も、どことなく、そんな感じですね。

それでは、どうぞ〜♫

ガヴォット(子どものための6つの小品より)(Remy Clavers)