FC2ブログ
■2020年01月

■<今週の録音>Fain Would I Wed(Campion)

お知らせしていた通り、今回から原則として毎週火曜日(タワシの定休日)にシューイチ録音をアップすることになりました。いやぁ〜精神的に今までよりずっと楽ですね。余裕があります。どうして今までこうしなかったんだろう?

とはいえ、相変わらず短い曲ですし、演奏の完成度が上がっているわけではありません(^^;;
お付き合いいただくには、引き続き皆さんの広〜い心を必要とします。

今回は珍しく(初めてではないけど)、ルネサンスの音楽です。
今回の曲についてはいろいろ書くべきことがあります。
この曲、先日お話ししたベーレンライターのバロック・オムニバスアルバムに入っているのですが(もちろん、今回の演奏もそれに依っています)
そこでは作曲者は Richard Farnaby とされています。

20200121202021a5d.jpeg

が、ネットで検索したところ、ほとんどすべての動画や記事で、Thomas Campion の作曲とされていました。
こんなことは初めてで戸惑っています!どっちなんだよ〜!?
ベーレンライターといえば、信頼のおける出版社!まさか大事な作曲者名を間違えるとは思えず・・・
キャンピオン作曲、ファーナビー編曲ということでしょうか?
迷った末、多数派に従い(!?)キャンピオン作曲としました。動画の画像もキャンピオンの肖像(としてIMSLPにあげられていたもの)です。
さて真相は?
ルネサンス音楽に詳しい方、是非ともご教示ください。

また今回の録音は、教会のアップライトでのものです。
原曲はリュート伴奏による歌曲のようで、それゆえ家でデジピで練習する時はもっぱらギター音(タワシの安物デジピにはリュート音がないので)で弾いていて、結構いい感じではあったのですが、せっかく生ピアノでも弾いたので、それをアップします。
装飾音 ちゃんと弾けてなかったり最初っから省いているところがあります。

そうそう、タイトルについて説明しなくては。
楽譜の通りの表記にしましたが、もう少し長く、
Fain would I wed a fair young man
としているものも多いです。
「若い、いい男となら、喜んで結婚するわ」という意味ですね。
なんとも俗っぽい(笑)
当時の「流行歌」だったんでしょうね。

それではどうぞ〜

Fain Would I Wed(Campion)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<9月13日> ♪「無言歌集」より 後悔、悲しい心、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪二つのドイツ舞曲より第1番、バガテルp.33−6(ベートーヴェン) ♪「フレースエーの花々」より フレースエーの教会で、あいさつ(ペッテション=ベリエル)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

TWITTER

follow me

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム