FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
コロナウィルスの影響は当然のことながら我が教会にも及び、先週から「感染リスクを減らすために主日礼拝以外の集いはできる限り自粛するように」との教団本部からの通知に従って、礼拝後の昼食(愛餐)と水曜祈祷会も休止になっています。
聖歌隊はいつもは朝(礼拝前)と午後(昼食後)の2回練習タイムがあるのですが、現在は朝早く来て2回分の練習をまとめてやるようにしています。

そんな中でも、ヘンデルのハレルヤコーラス(教会員全員による合唱)の練習は、4月12日のイースターの本番に向けて順調に進んでいて、コロナのせいで沈みがちな教会の雰囲気を引き上げてくれています。
神様への賛美、そして音楽(特にみんなで作り上げていくもの)には「力」があるなあ、と改めて感じる今日この頃です。

以前にも書いたとおり、今回タワシは伴奏ではなくてアルトパートの一員として歌います。
伴奏は教会のピアノ女子Sちゃん(高2)。教会にはピアノ弾ける人が多いのですが、中でも彼女の実力はダントツで、クラシックに関してはタワシなんてもう足元にも及びません(謙遜ゼロパーセント)。安心して任せられます。
タワシは礼拝では年2、3回の代表祈祷のとき以外はほとんどピアノなので、歌う時はいつも新鮮な気持ちで臨めます。

ハレルヤに関しては、タワシは、歌がうまいわけでもないのにアルトのパートリーダーをしてます。(聖歌隊のメンバーがパートリーダーを務めるという方針なのですが、うちの聖歌隊、今アルトは人が足りなくって他にやる人がおらず…)
3週間前の全体練習では、4つの声部の中でアルトパートが一番声が出ていなくて、これではまずい!ということで、メンバーを集めて、ユーチューブに合わせての自主練を、2週続けてやりました。
おかげでだいぶ声が出るようになってきました!タワシ自身もようやく、自分のパートをほぼ暗譜しました。が、生まれながらの「拍音痴」なので、油断するとすぐ、出るタイミングを間違う箇所がいくつかあります(汗)
何箇所か「入り」のタイミングの難しい箇所があって、やるたびに毎回どこかで誰かが交代で間違えるので、笑いながら和気あいあいとやってます。緊張感が足りない?いやいや、でもこんな時だからこそ笑顔は大事ですよ〜

本番まであとひと月切りました。
ハレルヤコーラスに関しては、これならきっと大丈夫!という手応えを感じていますが、問題はコロナウィルス・・・
イースターの頃には(完全に終息というのは難しいでしょうが)落ち着いているといいなぁと心から願い、祈っています。
ウィルスを吹き飛ばす勢いで頑張ります!
(ピアノに関してもこう力強く言えるといいんですがね〜いぜんとして低空飛行です、残念ながら・・・)


FC2blog テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

【2020/03/16 07:11】 | 教会のpianist
トラックバック(0) |


マミ
ご無沙汰してます
ハレルヤコーラス、懐かしい!
私、カトリックの中高女子校でして、クリスマスの時には、クリスマスセアンスがあり、中1から高3まで全員でハレルヤの合唱したんですよ!
1年メゾ、2年アルト、3年ソプラノ
プラス ピアノ、ティンパニー(笑)
合唱大好きだったので楽しい思い出です(*˘︶˘*).。.:*♡ 

マミさん>
私はタワシ
お久しぶりですね。コメント嬉しかったです!「FC2仲間」ではなくなってしまいましたが またいつでも遊びに来てくださいね〜

>ハレルヤコーラス、懐かしい!
私、カトリックの中高女子校でして、クリスマスの時には、クリスマスセアンスがあり、中1から高3まで全員でハレルヤの合唱したんですよ!
→ミッションスクールでは全校生徒でハレルヤコーラス合唱というところも結構あるようで、羨ましいです。全校だとかなり迫力ある演奏になったでしょうね。

>1年メゾ、2年アルト、3年ソプラノ
プラス ピアノ、ティンパニー(笑)
合唱大好きだったので楽しい思い出です(*˘︶˘*).。.:*♡
→学年ごとにパートを決めていたんですね。
アルトもソプラノもこなすためには かなりの音域が要求されると思うのですが。
私は今はソプラノは絶対無理です。高音どう頑張っても出ない〜

今朝もプロの演奏のCDに合わせてアルトパートの練習しましたよ!みんな自主練頑張っているようなので私も負けられません!

コメントを閉じる▲