ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
<今週の録音>Tombigbee River (Steele)
2020年09月01日 (火) 23:58 | 編集
今回のシューイチは、アメリカの黒人の間で広く歌われていたというポピュラーソング「Tombigbee River(トムビッグビー川)」です。
The gum tree canoe(ゴムの木のカヌー)という別名でも知られています。
民謡と言ってもいいように思える曲ですが、作者名ははっきりしています。
Silas Sexton Steele というひとです。1847年の作だそうです。

トムビッグビー川とは、ミシシッピ州〜アラバマ州を流れている川で、長さは約200マイル(325㎞)。アラバマ川と合流してモービル川となり、モービル湾に流れ込んでいます。
曲は、愛しい女性のことを思いつつ、ゴムの木のカヌーを漕ぐ黒人労働者の歌で、素朴・シンプルでありつつも情感豊かなメロディが印象的です。恋の歌であるとともに、もちろん、奴隷生活からの脱出願望というテーマもあります。

それではどうぞ〜♪


Tombigbee River (Steele)
copyright&template: himeco