FC2ブログ
2020'11.11.Wed

<今週の録音>からかわれた人(失望)(エスパニア民謡・カタルーニャ地方)

今週も寝落ちしてしまって日付が変わる前にアップできませんでした(汗)
長く続けるためにも無理せず行くことにしました。
もちろん、シューイチで録音をアップし続けるという基本は今後も守っていきたいと思いますので、ご理解くださいませ〜

今回のシューイチも世界民謡シリーズです。
エスパニア(スペイン)のカタルーニャ地方に伝わる曲で、手元の楽譜では「からかわれた人」という印象的なタイトルとなっています。
今回、訳(わけ)あって、曲の詳細が不明です。訳というのは・・・
これまでシューイチにアップしてきた世界民謡シリーズのかなりの部分はそうだったのですが、この曲も、「世界民謡全集」という古い楽譜に拠って演奏しています。
残念ながらこの楽譜はタワシの所有物ではなく、必要に応じて大学図書館から借りたり、図書館内の複写機でコピーさせてもらったりしてました。一般市民にも図書館は開放されていて、タワシのお気に入りの場所でもありました、
ところがコロナ禍のため、何ヶ月もにも渡って大学図書館が閉鎖され、再開した後も、感染防止のため学外者は立ち入り禁止になったままです。授業さえずっとオンラインでやっているのですから仕方ないですね。
「世界民謡全集」は、各曲ごとに楽譜(譜面)のページと歌詞・解説のページで構成されていますが、今回の曲は譜面のみコピーしてあって歌詞と解説が読めない状態です、図書館が開いていればすぐに行って確認できるのですが(貸出中になっている可能性はきわめて低い本なので)。
そんなわけで今回は、タイトルと1節の歌詞しかわかりません。ちなみに歌詞は6節まであるようです。
第1節の歌詞は、戦争から帰った兵士が牧場の娘を見初めて声をかける、という内容です。
調べてみると、原題の『Desengany』は「失望」という意味のカタロニア語であることがわかりました。
タイトルと1節の歌詞から想像してみると、兵士が娘にからかわれたあげく失恋してしまうという筋なのか!?全くの見当違いだったらすみません。

曲はごく短いもので、3節までひいても演奏時間1分半です。
が、途中に一小節だけ4分の3拍子が挿入されていたり、何調なのか終始曖昧だったり、と、月並みな進行の曲とは随分違っているせいで、これでも何度も録り直したんですよ〜
ちなみに、カタルーニャ民謡といえば、カザルスのチェロで有名な「鳥の歌」をはじめ、「アメリアの遺言」や「聖母の御子」など名曲が多いことでも知られています。

それでは、どうぞ〜♪ あ、動画の画像は、「失望」の花言葉を持つ「ムスカリ」です。



からかわれた人(失望)(エスパニア民謡・カタルーニャ地方)
今週の録音トラックバック(0)  コメント(4)
 |TOP