fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

〈今週の録音〉Huron Carol ('Twas in the Moon of Wintertime)
【2020/12/02 11:48】 今週の録音
シューイチのアップ、またまた一日遅れになってしまいました。録音は昨日のうちに済ませていたのですが。。。(来年から「毎週水曜更新」ということにしようかな。そうすれば記事書き中に寝落ちしてもOKだ・笑)

この前の日曜日から待降節(アドベント)に入りましたので、シューイチもクリスマス仕様になります♪
今回はいつも使っている賛美歌(新韓日讃頌歌)に載っているものの、これまで教会で一度も歌ったことのないクリスマスキャロルを弾いてみました。
新韓日讃頌歌では127番「静かに冴え渡る」というタイトルですが、一般には「(ヒューロン・キャロル)」として知られているようですので、今回は一般的な表記にしておきました。

元来は古いフランスの曲で、それに1642年にカナダのイエズス会の宣教師が歌詞(カナダ先住民の言語による)をつけ、カナダ最古のクリスマスソングとして知られるようになったそうです。
そうそう。この曲についてウィキペディア(英語版)で調べていたら
Because the melody spans a modest range, it is ideally suited to instruments that have a limited pitch range, such as the Native American flute
とありました。このメロディー、音域がそんなに広くないので、ネイティブアメリカンフルートのような限られた音域の楽器にも好適、とな!もうちょっと上達したら吹いてみよう♫

レアチャレに滑り込みでエントリーしたら気が抜けてしまって、シューイチがすっかりなおざりになり、昨日慌てて選曲して数回練習しただけで録音したので完成度めっちゃ低いです。おゆるしを〜



Huron Carol ('Twas in the Moon of Wintertime)







サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる