fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

続・今年のクリスマスは・・・

2020.12.14 (Mon)
ひと月前 我が教会での今年のクリスマスの予定について書きました(http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1874.html)が、その後状況が変わったので報告します。

あの時点でも新型コロナの感染者数は「高止まり」の感がありましたが、それからさらに増えに増え、ついに聖歌隊のクリスマス礼拝での特別賛美も、生では無理だという判断がくだされました。
事前に録画して、当日はその映像を流すことになります。本当に残念です。
個人的には、マスク、消毒はもちろん、隊員同士の距離もものすごく広くとり、寒さに負けず窓全開で換気するなど、感染対策には万全を期しているので、聖歌隊で歌を1曲歌うことで感染が広がる確率はものすごく低いと思っています。が、クラスターの原因になることもある、といわれている「合唱」という行為に、不安を覚える方が複数いることもわかり、やはりそういう人たちにも配慮が必要ということで、仕方ないですね。
次の主日(日曜日)がもうクリスマス礼拝なので今週中に録画しなくてはなりません。皆、忙しく、心身とも疲れている中、しかも練習期間も短くて(2曲録画するうちの1曲は昨日はじめて合わせたばかり、しかも伴奏譜はまだ準備できてません!汗)、こんなんでどうなるだろう?という不安はありますが、神様は演奏の出来栄えより捧げる心をご覧になる方ですから、この状況の中での精一杯の賛美を喜んでくださると信じて頑張るのみです〜 ちなみに伴奏譜は明日受け取る予定です。昨日は歌のパート譜だけ見て、気合で(?)なんとかそれらしい伴奏を弾きました。

青年たちは、各自が自宅で撮った動画を編集して一つにまとめるという、今年流行りののやり方でクリスマスキャロルを2曲演奏するそうです。ちょっと途中過程を見せてもらいましたが、ほのぼのしてなかなかいい感じでしたよ。
しかし平均年齢の高い聖歌隊はほとんどが(もちろんタワシも含め)そういう技術にはてんで疎くて、リアルで集まらない限りどうにもならないのでした〜苦笑

そうそう、昨日、牧師先生に「新しい楽器(NAFのこと)は、やらないの?」と言われました。
最近ほとんど毎週、礼拝後の無人の無人の会堂で練習していたのですが、音が階下に筒抜けで(恥ずかしい限り!)、てっきりクリスマスに向けて練習していものと思われたようです。練習曲の中にはクリスマスソングもあったのでなおさらそう思われたのでしょうね。
さすがに今年のクリスマスには間に合わないのでそのように伝えましたが、NAFの音を聴きたいと言ってもらえるのはそれだけで嬉しくて。
コロナが落ち着いたら、来年のクリスマスと言わずその前でも、なにかの機会に演奏できたらいいなあと思ってます。
 | HOME |