fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

<今週の録音>ゆかいな絵(オットー・ルーニング)

2021.02.04 (Thu)
今日は木曜日です。今年からシューイチのupは水曜日と決めたばかりなのに、はやくも〆に遅れてしまいました・・・
なぜこんなことになったかと言えば、教会にICレコーダーを忘れてきたことに、昨日の夜仕事から帰ってきて「さてシューイチの編集作業するか」という段になって初めて気がついたからです。
仕方なく、予備のレコーダーを使い、うちの安物デジピで、即座に弾けそうな曲を録音することにしました。
こういう状況になるとなると、やはり弾けるのは子どもの曲になってしまいます。
というわけで、先月upした「田園舞曲(ロンディーノ)」と同じく、ピアノであそぼう EASY PIANO SOLOS (音楽之友社 昭和47年発行)から選曲しました。
オットー・ルーニング(Otto Luening 1900〜1996)の「ゆかいな絵」という曲です。

作曲者のルーニングについては全く知識がありませんでしたが・・・
Wikipediaによれば 
「米国における電子音楽の先駆者の一人であるとともに、現代音楽界の発展に多大な貢献をした」ドイツ系アメリカ人の作曲家ということです。
1950年代に電子楽器と磁気テープを使った音楽表現(テープ音楽)の研究をして、1959年にコロンビア-プリンストン電子音楽センター(現コロンビア大学コンピュータ音楽センター)を設立した、という経歴の持ち主です。
今回の動画で使用している画像(写真)の背景にも、そんな彼ならではのものが写っていますね。

楽譜は非常にシンプルで白っぽく一見バイエルレベルに見えますが、意外と弾きにくい箇所もあちこちにあり(特に左手!)、何度か録りなおしました。
「ドリア旋法」と「ミソクリディア旋法」という教会旋法が使われているそうです。教会旋法、タワシも昔ちょこっとだけ勉強したんだけど、ほとんど忘れてしまいました(汗)

それでは、どうぞ〜♪

ゆかいな絵(オットー・ルーニング)

 | HOME |