fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

「The Joy Books」の楽しみ♪

2021.06.08 (Tue)
大腸の内視鏡検査から一週間。大量の腸管清浄剤にはほんとに辟易しましたが、よく言われているようにデトックス効果は確かにあるようで、検査後の体調は前に比べてずいぶんいいです。

さて今日は前に予告したとおり、最近入手したシューイチのネタ本(に使えそうな輸入楽譜)のお話を。
前回のシューイチ「古いアルバムを見る」と、前々回の「笛を吹く羊飼い」は、ともに、
The Joy of Russian Piano Music
という楽譜に入っていたものです。
編著者は Denes Agay という人。ナクソス・ミュージック・ライブラリーの日本語表記は「デーネシュ・アーガイ」です。
ハンガリー生まれのアメリカ人で、指揮、作曲、編曲、教育、出版業と音楽の多方面に渡って活躍したそうです。
彼は「The Joy Books」という、クラシックからジャズまでさまざまなピアノ曲(彼自身の編曲によるものも多く含まれます)の、数十冊に及ぶシリーズを発行しています。

いまのところタワシの手元にあるのはそのごく一部ですが、
20210608133319a92.jpeg
こんなところ。

写真上の2冊、
The Joy of Russian Piano Music  
と、
The Joy of Romantic Piano – Book 1
は特にシューイチに使えそう。
(それぞれをクリックすると収録曲目を見ることができます)
The Joy of Romantic Pianoの表紙には 19世紀から20世紀初めにかけての、多くのレアな作品を含む という記述があり、レア好きの心を大いにそそります!!

曲のサイズ、難易度ともにシューイチにうってつけの曲が多いので、今後とも何度もこれらの曲集にはお世話になりそうな気がします。
 | HOME |