fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

<今週の録音>主は我が羊飼い(オーウェンス)

2021.10.23 (Sat)
ピアノWeb発表会の締切を明日に控えて、やはり今回も完全に泥縄状態に陥っているタワシです(汗)
そんな中でもシューイチは(こちらも期限ギリギリになりましたけど)休みませんよ〜

Web発表会の録音の合間に、お気に入りのC楽器店のカワイのグランドで録ったものです。
古い小さなゴスペルの歌集の中に入っていた曲です。
Owens という人が作った「主は我が羊飼い The Lord is my shepherd」です。
歌詞は、聖書の中でも人々に最も愛されている箇所の一つ、旧約聖書の詩篇23篇(タワシも大好きです)に基づいています。この箇所をもとにした賛美歌、ゴスペルは、古今東西数切り無くあると言っても良いでしょう。

詩篇23編、珍しく文語体で紹介します。

―詩篇 第 23 編― ダビデの詩

主はわが牧者なり
  われ乏しきことあらじ
主はわれをみどりの野にふさせ
  いこいの汀にともないたもう
主はわが魂を活かし
 御名のゆえもて、我を正しき道にみちびきたもう
たといわれ死のかげの谷をあゆむとも
 わざわいをおそれじ
なんじ我と共にいませばなり
 なんじの笞、なんじの杖、われをなぐさむ
汝、わが仇のまえに
 わがために宴をもうけ
わが頭に油を注ぎたもう
 わが酒杯はあふるるばかりなり
わが世にあらんかぎりは、かならず恵みと哀れみと我にそいきたらん
 われはとこしえに主の宮に住まん


それでは、どうぞ〜♪


主は我が羊飼い(オーウェンス)
 | HOME |