fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>王子の扉の前で歌った(マクダウェル)
【2022/06/08 10:10】 今週の録音
シューイチの記念すべき第1回の曲は、アメリカ・ロマン派の作曲家マクダウェル(1860-1908)の「野ばらに寄す」だったのですが(当時の音源が残っていなくて残念すぎる〜)、そのマクダウェル、シューイチ516回目にして2度目の登場になります。

The Joy of Romantic Piano (Book1) という初級者向けのオムニバス小品集に入っていたのを、つい最近初めて弾いてみて、とても心惹かれました。
「忘れられたおとぎ話」という、4曲から成る小品集の第一曲目です。
原題は Sung outside the Prince's Door ですから、王子の扉の「外」で歌った、と訳すほうがより正確なのかな。
とても意味ありげで、想像力を掻き立てるタイトルですね。歌っているのは誰なのか?なぜ扉の「外」で歌うのか?
さらにミステリアスなのは「優しく、物欲しげに」という冒頭の指示です。「優しく」はよくありますが、「物欲しげに」って???

マクダウェルの代名詞のような「野ばらに寄す」と同じく、見るからに音の数が少なくてスッキリした印象の楽譜です。実際弾いていても「野ばらに寄す」を思い起こす箇所がいくつかありました。
グリーグ色が濃くて、これが抒情小曲集に載っていたら、なんの疑問もなく受け入れるでしょう。
終盤に出てくる長い休符が、効果的です。

ところで今回の曲ですが・・・アップし終えてから、YouTubeに上がっている音源を聴いて、「え!?」となりました。
半音、低い?調が・・・違うの?(特に耳がいいというわけではないタワシですが、流れている曲を聴いて調を判別する程度の絶対音感はあります)
そして、調べてみたら(無料楽譜IMSLPなど)、やはり変ト長調だということが判明(手元の楽譜ではト長調)。
フラット6つは初級者には読譜が困難、という判断で移調したんでしょうね。
そして手元の楽譜をよくみたら、ちゃんと表示してありました。
IMG_2900.jpg
原調=変ト長調、と。

今回はまたうちの安物デジピでの録音ですけど、この曲はいずれ、お気に入りのカワイのグランドで弾きたいなあと思っていました。その時は原調でやり直すつもりです。

そんなわけで今回は思いがけず残念なシューイチになってしまいましたが、どうぞ〜♪



王子の扉の前で歌った(マクダウェル)




テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる