fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>小鳥が死んだ(ポッツォーリ)
【2022/07/14 09:05】 今週の録音
”3日遅れのバースデーグランド録音@C楽器店”(前記事参照)の中で唯一使えそうなものをアップしました。
バースデー録音にしては暗すぎ?そして、ペットロス中の方にとっては辛すぎるテーマの曲だと思いますがお許しください。

フランスのルモワーヌ社から出版された子ども向けのオムニバス小品集の1曲「小鳥が死んだ」です。
作曲者のEttore Pozzoli(1873-1957)はイタリアのピアニスト兼作曲家。
彼については、こちらの記事がわかりやすく簡潔にまとめられています。
https://jp.yamaha.com/sp/pianist-lounge/column/milano-report/vol05/
ポッツォーリの練習曲のしつこさ、細かさ、要求の高さ、教本の数の多さは、ツェルニーの比ではありませんって、「どんだけ〜?」って思いますよね。ガクブル((((;゚Д゚)))))))
アルト歌手だった妻との間に生まれた娘が3歳で亡くなり、深く悲しんだというポッツォーリ。この曲にはその悲しい経験が反映されているのでしょうか?
molto esprerssivo (極めて表情豊かに)という指示があり、最初はpで淡々と始まりますが、次第に悲しみの感情が高まっていきます。しかし最後はピカルディ終始で終わり、小鳥の魂が天国に行ったことが表現されています。ピカルディ終始ってまさにこういう曲のためにあるんですよね〜。
ピアニスト、作曲家として稀有な才能に恵まれ、大活躍していたポッツォーリは、娘の死後、教育活動に専念するようになったといいます。娘さん、天国で喜んでいることでしょう。

同じようなテーマの曲としては、シューマンの、これもやはり「子どものためのアルバム」の中の「はじめての悲しみ」があります。
シューマン家で飼っていた小鳥が死んでしまったときの、子どもたちの悲しみを描写した曲だといわれています。
こちらはピカルディ終始は用いず、沈痛な短調のまま終わります。
(タワシも子どもの頃弾いた曲ですが、何十年かぶりにまた弾いてみたくなりました)

それでは、どうぞ〜♪



小鳥が死んだ(ポッツォーリ)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる