fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

<今週の録音>小麦を蒔いても(ポーランド民謡)

2023.04.19 (Wed)
前回に続きポーランドの民謡を紹介します。
解説によればポーランドで最も有名な民謡の一つだそうです。
「小麦を蒔(ま)いても」というタイトルからも分かる通り主人公は農夫です。
若く可愛い娘に恋い焦がれ、仕事も手につかない主人公。
せっかく蒔いた小麦も放置しています。
しかし残念ながらこの恋、完全に農夫の片思いの模様です~

楽譜はこれまでのものと同樣「世界民謡全集10 中欧篇1」を参照しました。
この本の巻頭言にポーランド民謡の特色を述べた部分があり、そこにこのような記述があります。

ポーランド民謡は、一般に、器楽的である。(中略)特に、その旋律に非声楽的と言われる音程が少なくないことが目立っている。ポーランド民謡の器楽性、おそらく、この地方で古くから器楽が盛んだったためであろう。

なるほど〜!言われてみればほんとにそのとおりですね。ピアノとかヴァイオリンの器楽曲のようです。「非声楽的と言われる音程」ということなら、以前紹介した「君行く泉に」などがより良い例かもしれません。
こういう、さらっと歌うには難しいメロディが「民謡」として人々の間に定着してるなんて、ポーランドの人たちの音楽ポテンシャルは高いですね。
こういう曲たちを弾いていると、ショパンが、地元の民族音楽から受けた影響の大きさを、改めて思います。
久々にまた彼のマズルカを弾いてみようかと思ったタワシでした。あ、でももちろん、ピアノWEB発表会が終わってからですよ〜今度の日曜が締め切りなのにまだ録音できてない〜(滝汗)

それではどうぞ〜♪

文字色

 | HOME |