fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

昭和の子ども向け楽譜のショッキングな「序」
【2023/10/29 11:03】 楽譜あれこれ
これまでも何度か書いているように、タワシは時々ヤフオクなどで中古楽譜をまとめ買いすることがあり、その中に思いがけない素敵な出会いがあったりするのですが、今日はその一冊を見て心が痛んだお話。


こちらの楽譜です、表紙のイラストといい書体といい時代を感じますね。
それはいいのですが・・・

問題はその「序」です。(「まえがき」とか「はじめに」とかではなく「序」ですよ〜)

20231029094537199.jpeg
お母さんの言葉遣いにも圧倒されますが、それよりなにより、練習の無理強いが「性格を異常にする(おそれがある)」という表現が衝撃的。令和の今では「性格異常」なんてまず言わないですよね。そんな言葉が子ども向け楽譜の序文にあることがショックでした。

曲は、童謡唱歌や世界の民謡、クラシック名曲の初心者レベル編曲などです。

20231029094601b66.jpeg
歌詞が古めかしいですね。

202310290946254fa.jpeg
〈ボッケリーニのメヌエット〉がこんな表記に!

それにしても•••
昭和のピアノの先生は厳しく怖かった、という話はあちこちで目や耳にするのですが、その厳しい指導のせいでピアノが嫌いになったり、ましてや人格形成に暗い影を落とす例は、実際どのくらいあったんだろうと、考え込んでしまいました。そしてそれは、令和の今でも数は少なくなっていてもやはりあるんでしょうか。
願わくば、そういう人たちが1人でも多く、ピアノの、音楽の本当の楽しさに気づいて、またこの世界に戻ってきてくれますように!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる