ようこそ!タワシワールドへ♪
{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
今回のシューイチはオペレッタのナンバーを取り上げてみました。
カール・ミレッカー (Carl Millocker)という名前をご存知でしょうか?
19世紀後半に活躍したオペレッタの作曲家で、当時はヨハン・シュトラウスⅡ世やスッペとも並ぶ人気があったといいます。
代表作は「乞食学生」「デュバリー」「「ガスパローネ」などです。
といってもオペレッタ好きな人でないとあまりなじみがないかもしれませんね。
しかしオペレッタといえば、オペラより庶民的で大衆受けするように書かれているのが常で、いった聴けば非常に親しみやすい、今風に言えば「キャッチー」な曲が多いのが特徴です。

今回弾いた「深紅のばら」は「君にバラを」というタイトルで表記されているものもあり、その題名から想像されるとおり(?)、いとしい女性に真っ赤なバラを贈って想いのたけを告白する、こうして書いているだけで気恥ずかしくなるような、ラブソングでございます。
手元の楽譜には軽快なポルカ風の前奏がついてますが、今回は割愛して、ムーディーなワルツの部分だけ弾きました。
すごく目立つミスタッチと、初めて聴く人にはおそらくあまりばれないであろう(!?)たくさんの捏造がありますが、いつものことなので今回もご容赦くださいませ。







「ガスパローネ」より「深紅のばら」(ミレッカー)
コメント
この記事へのコメント
無題
とっても幸福感あふれる曲ですね~
あ~いいな~
こんな時代もあったよな~なんて、アホな妄想をしながら聴かせていただきました^^;
最後は意外と激しい?感じなのですね。
メドレーも素敵でした♪
すごいな~タワシさん!
2014/10/11(土) 22:03 | URL | ふくうめ #-[編集]
ふくうめさん>
楽しんで聴いていただけたようで何よりです。
こんな時代もありましたかヽ(♡´∀`♡)ノ
ふくうめさんのコイバナ 聞いてみたくなりましたo(^o^)o

そうそう最後はトレモロで情熱的に終わるんですよ。初めは静かに紳士っぽく口説いていたのが、だんだん想いが高まってきて抑えきれなくなってきたって感じでしょうかね(≧∇≦*)

メドレーも聴いてくださってありがとうございます。ナポリターナ大好きなので、別の曲で第二弾もやりたいです♪
2014/10/12(日) 08:43 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
こんばんは。
初めまして。どれみです。
私のブログにコメントいただいてたのに
今日やっと気が付きました。
本当にすいませんでした。

これからもこんな感じの私ですがまたよろしくお願いいたします。

音源聴かせていただきました。
ほわっとする曲ですね~
捏造?全然わかりませんでした。

またゆっくりお邪魔させていただきます^^
2014/10/12(日) 23:50 | URL | どれみ #7GT5/NrI[編集]
どれみさん>
こんにちは。コメントどうもありがとうございます。
>私のブログにコメントいただいてたのに
今日やっと気が付きました。
本当にすいませんでした。
→どうぞお気になさらず~
また気軽に遊びに来ていただければ幸いです。
私もまた訪問させて行きますね♪

捏造は昔から得意技です。
こういう有名でない曲(ピアノを弾く人にとっては)だから通用するので、ピアノの定番名曲なんて弾いたら一発でぼろが出まくりますよ(滝汗)
2014/10/13(月) 10:11 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
こんにちは(・▽・)
力強いけど幸せいっぱいな感じですね♪
バラは受け取ってもらえたのかな?

オペレッタといえば
幼稚園の時に「舌切り雀」やりましたねぇ
姉は意地悪ばあさん
兄はおじぃさん
私はスズメのお宿のスズメでしたが
おじぃさんの歌しか覚えていません(+▽+;)

楽しい曲をありがとうございました♪
2014/10/14(火) 13:59 | URL | いもコン #-[編集]
いもコンさん>
>力強いけど幸せいっぱいな感じですね♪
バラは受け取ってもらえたのかな?
さあどうでしょう?実はこのオペレッタの内容、私はまったく知らなくて。
でもオペレッタは圧倒的にハッピーエンドが多いので、たぶん彼の思いは叶ったんじゃないでしょうか。暇があったらストーリーなど調べてみますね。笑

舌切り雀のオペレッタですか、楽しそう♪
いもコンさん兄妹でメインキャスト独占ではないですか!
昔から音楽一家なのですか?さすが~
それにそんな小さいときの歌(それも自分が歌ったのでもないのに)まだ覚えているというのもすごいです。

2014/10/17(金) 10:26 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .