こんなはずでは!?自信喪失のスタジオ練習

昨日はタワシ定休日である火曜日。
お天気もよかったので、ママチャリをこいで、先週も行った、家からちょっと離れた音楽室(スタジオ)に行ってきました。
古典派の曲(ハイドンのソナタ)弾くのに大屋根全開にする必要もないかと思ったんですけど、せっかくなので開けたほうが気持ちいいかなと思い、一人でよっこらしょと持ち上げる・・・(職場でもっと重いものを持ち上げているのでそれほどしんどくはありません)

しかし屋根を開けたことと関係あるのかないのかわかりませんが、昨日は自分の演奏のアラがやたら目立つ日でした。
まさかまさか、先週来た時よりより大幅に下手になっている?
うちでデジピで練習していたときは超ぶきっちょな自分にしては快調に指も回り、おお~これはいけるかも?と思ったのですが、錯覚だったんでしょうか・・・

それにしても先週のスタジオ練習との、この差は何なんだろう?
まったく同じピアノなんですよ!
お天気も先週と同じくらい良かったし、一週間で劇的にピアノのコンディションが悪くなるとは考えにくい。
やっぱり弾き手であるタワシに原因があるのでしょうね。
う~ん。完全に自信喪失モードだぁ・・・

グランドピアノ練習っていつもデジピではできない表現がで着て、確かな手ごたえを感じるときもあれば、逆に、いつもデジピで当たり前のようにできていることができなくて戸惑ったり落ち込んだりすることがあります。
昨日は残念ながらひたすら後者だったようで・・・
でもたぶんそれはそれで大事な経験なのでしょう。だから決して無駄にはなってないはず。

でも今週の土曜日「れんしうかい」とはいえ人前でこの曲を弾くということで、焦ってます。
選曲間違った~?
ま、いいか、せっかくアドバイスももらうのだから、いろいろ課題があるほうが収穫も多いだろう(かなり強引にポジティブ思考!?)
というわけであと数日、最後のあがきをします。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

>グランドピアノ練習っていつもデジピではできない表現がで着て、確かな手ごたえを感じるときもあれば、逆に、いつもデジピで当たり前のようにできていることができなくて戸惑ったり落ち込んだりすることがあります。

有りますねぇ~・・・
GPと電Pとの鍵盤タッチの差や響きの差、ペタルの効きの差・・・etc
矢張り戸惑ってしまいます・・・

こんばんは。

>グランドピアノ練習っていつもデジピではできない表現がで着て、確かな手ごたえを感じるときもあれば、逆に、いつもデジピで当たり前のようにできていることができなくて戸惑ったり落ち込んだりすることがあります・

・・私もそれは思います。
レッスンではグランドピアノなんですが
弾きやすい、音も響きもやはりいいな~と思う時もあれば
悪い時は、なんだか音がシビアな感じで
「アラ」ばかり目立ちがっかり・・があります。

リンクありがとうございました^^
私もさせていただきました♪

私のピアノはサイレントピアノと言って、普通のアップライトと
デジタルピアノ両方弾けます。
デジタルピアノの時はペダルが楽で、踏みっぱなしにしてもそこそこ綺麗に聞こえますが、アップライトの時は超絶下手糞演奏になってるということがしょっちゅうです(汗)

で、さらにグランドピアノになりますと、音だけは綺麗で演奏がいまいちという状態で・・・><

この繰り返しなんですよね^^
弾けば弾くほどうまくなっていく方法ってなんかないでしょうか?

ポジティブ思考大事です!!!
私は次はうまく弾ける。次がだめだったらその次はうまく弾ける。
といつも思ってるんですが(爆)
いつも次、次って考えててなかなか「うん!今の演奏は良かった!」
というのが殆どないです(笑)

リンクありがとうございました♪

こんばんは~(^^)

ありますあります、そんな時。
グランドですごく弾きやすい~♪と感じるときもあれば
うわ~、全然ダメ!!という時も・・・
確かに音だけははキレイなんだけど、音が綺麗なだけに演奏の未熟さや拙さが悪目立ちしてしまう感じだったり。
グランドに限らずアコピって、本当に弾く人によって音色が違ったりしますよね。
と、いう事は同じ人でもその日のコンディションによって音色が変化するのでしょうし、
それだけ繊細な技術が要る楽器なんでしょうね…。

本当に奥深いピアノの世界ですね。

@我楽多さん>

やっぱり皆さんしっかりと感じてますよね。デジピ、アップライト、グランドピアノの違いを。
タッチとペダルの差はとくにいかんともしがたいですね。
下手にデジピで練習しすぎるとかえって「デジピ仕様」の変な癖が体に刻まれちゃうんっじゃないかとマジで心配になることがあります。かといって毎日スタジオに行って練習する暇もお金もありませんしね~
自分の今の環境で最善を尽くすしかないですよね。

どれみさん>

ほんとにグランドピアノってすばらしいけど難しい楽器ですよね。
そして同じピアノでもその日によってご機嫌がよかったり悪かったり・・・まるで生きているようです。
「アラ」ばかり目立つときはほんとにがっくりきますよね。本番直前にせっかく時間を作って弾きに行って、落ち込んで帰ってきた経験もあります。
でもきっとそういう経験も必要なことなんだろうと今は思えるようになりました。
できるなら本番直前は気持ちよ~く弾いて、いいイメージを植えつけたいところなんですけどね。

熟カピさん>

サイレントピアノをお使いなのですね!
どんなものか話には聞いていますが実物をさわったことは一度もありません。
一度くらいは経験してみたいかな?

デジピでのペダルに慣れた人が生ピアノのペダルを前にすると、やっぱりその違いに戸惑いますよね。
生ピアノは一台一台ペダルにも個性があるし。発表会などの本番で、みんなよく短い時間でその個性を把握して対応できるなあ、といつも感心してます。
私なんてようやく癖がつかみかけたころには、もう曲が終わるということがしょっちゅうなんで・・・

ポジティブ思考、できるだけしようとしてますが、いつもいつもできるわけではなく、たまには思いっきり自己嫌悪モードに陥る私です。ただし立ち直りが早いのでいつまでも落ち込んだままということはまずありません。

ね~み♪さん>

やっぱり、ね~みさんも、同じような経験がおありですね。
同じピアノなのになんでこんなに違うんだろう?と不思議に思うことがよくありますが、そんなところもまた魅力なのかもしれません。

明日もオフ会でべヒシュタインのピアノを弾いてきます。ピアノとお友達になれるといいなあ~
ベヒシュタインはスタインウェイに比べてかなり弾く機会が少ないですが、以前に弾いたときの印象がすごくよかったので、今回も楽しみにしているんですよ~♪
練習不足、実力不足は明らかですが、楽器が助けてくれるときもあるので、それに期待したいと思います。
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場