プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:Classical music(古典派)
2月末の「おんそうず」と、そのほぼ1週間後の「ぱちもんおふ」(オショーズ主催のテーマコンサート)に向け、選曲作業も大詰めのタワシです。

「おんそうず」のほうはすでに予告してあるとおり、モーツァルトのどれかのソナタの第1楽章を弾くつもりです。
その中でも現時点で最有力候補なのが、ソナタハ長調 K309 です。

Mozart Piano Sonata No 7 C major K 309

完全に実力不相応?
(しかしほかの候補曲も、身の丈に合わないという点では似たりよったりですから)
今はかなりの低速で最後までよろよろになりながらも何とかかんとか通して弾ける状態です。

古典派にはつきものですが、この曲にもアルベルティバス(いわゆるドソミソ音型の伴奏)が出てきますが、実はタワシはこれがすごく苦手~
バイエルにでもおなじみの、基本中の基本のテクkニックなのに、恥ずかしい限りですが。
ただでさえテンポが上がっていないのに、ここに来るとさらに一気に減速して、それでも指がもつれる、コケる・・・
こういうときはさすがに、ハノン、チェルニーのような機械的なエチュードを拒みまくったツケかなあと思いますね。
今からでも、アルベルティ・バスを粒をそろえて軽やかに弾けるようになるコツがあったら、教えてほしいです(切実)


Comment

おおこの曲は!!前の先生の下で取り組んだ初モーツァルトでした。疾走感のある明るいノリのいい曲ですよね。第3楽章が好きです。

私もアルベルティバスはダメダメでしたが、私の先生も苦手だったそうで「これを克服するために3年を費やしました」と・・・(できな~い、むずかし~いとすぐ口にする私は甘かった。)

最初は指先でだけ弾こうとして、力も入れすぎて疲れました。先生に言われたのは「ドソミソド」「ドソミソド」と区切る練習。最後の「ド」にアクセントをつけぬよう気をつけながら、腕全体を使いふわりと持ち上げるような感じで、弾みをつけるように弾くと、案外うまくいきました。

タワシさんのモーツァルト、楽しみにしています。

軽やかでかわいらしい出だしですね。
リズムも楽しいし、弾く方は大変だろうけど
聴いていて飽きないなあと思いました。
やっぱりモーツァルトは天才☆

しかし・・・・これは・・・速い笑

私もアルベルティバス大の苦手なので、参考になる
アドバイスはございませんが(笑)
(左でドソミソの場合)ソを1で保持した状態で
数回 どっ みっ どっ み と均一にスタッカート
して、テンポやタッチを揃えてから弾いたりします。

さておき、私もタワシさんのモツソナ楽しみです☆
応援しています。

右上の練習メニューが古典だらけ・・笑笑
私もたまに古典ブームになりますので、お気持ち分かります。タワシさんの明るさ、モー様によく合ってると思うな~。楽しみにしています。

アルベルティバスって、個人的にはもつれたり乱れたりするよりも音が大きくなってしまうほうが気になります。自分が弾くときも、それが難しかったなぁ。音の数が多いからよほど気をつけないとうるさくて。人それぞれ、気になるポイント、苦手ポイントがありますね。

わああ~~~^^
この曲をお聴きできるのかもしれないのですね♪♪
楽しみすぎます~~^^(今、一番人様の演奏で関心を示すのがバッハとモーツァルトでして・・・笑)

なんだろうなあ、昨日からずっと考えてるんですけど、この曲、お手手が勝手に多少覚えてるぐらい自分に馴染みがあるような気がしなくもないんだけど私、モーツァルトなんて弾かないしねぇ。
昔、弾いたのかなあ??

それは置いておいて、この曲はまだ候補ですか?
弾いてくれたら嬉しいなあ♪

とっても難しそうです。

軽やかに、コロコロと弾けたら
とても楽しそうですね~~♪
頑張って下さい。
楽しみにしています。

オカリナの演奏も聴かせていただきました。
とても心温まる演奏で、ありがとうございました。

遅くなりましたが、
今年もどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

とにさん>

コメントありがとうございます。
とにさんのような上級者さん、さらにその先生でも、アルベルティバスは難しいのですね~
私などがうまく弾けないのも当然です!
なんだかほっとしました。

具体的なアドバイスもいただき、感謝します。区切る練習はやったことがなかったのでやってみます。
>腕全体を使いふわりと持ち上げるような感じ
これが早く体得できるといいのですけどね~。どうしても無駄な力が入ってしまいます。

ともあれ、おんそうずでは(出来はさておき)たぶんこの曲を弾くと思います。無謀なタワシに、ひきつづき暖かい応援よろしくお願いします!

ゆにくあさん>

応援ありがとうございます。
1曲の中にいろんな要素が詰まっていて、聴いてても弾いてても飽きるところがないですね。
私には高いハードルですけどベストを尽くしてがんばります!

ゆにくあさんもアルベルティバス苦手ですか?苦手な人、意外と多いのかな?
とにさんへのコメントレスにも書きましたが苦労しているの自分だけじゃないと思うとちょっとほっとしますよね。
また新しい練習法が出てきましたね。
これも私はやったことがないですので、トライしてみます。

Sleepingさん>

練習メニューにまで目を留めてくださってありがとう~
あんまり見てくれてる人もいないかなと思ってたのでうれしいです。結構放置プレイになっていることが多いのでできるだけまめに更新しますね。

古典、何年か前には、チェルニーの延長みたいで退屈で、その割に弾くとすぐにボロが出るし、人前で弾くことなんてまずなさそうに思っていたんですけどネ・・・
それを思うと。この古典ブームはなんだ?と自分でもちょっと驚いてます。

私の中では
「Sleepingさんといえばモー様
モー様といえばSleeping」
なんですよ。
こんな曲だと日ごろのチェルニー修行の成果がばっちり出るんじゃないかな?逆に私は・・・(以下略)
そんなSleepingさんの前でモツソナ弾くなんて、いったん意識しだしちゃったら、すごいプレッシャーになるでしょうね。笑


ねこぴあのさん>

そ、そんなに楽しみにされると 実際の演奏を聴いたときの落胆が大きいかもしれませんよ~
皆さんの後押しもあるので(笑)、おんそうずでの演奏曲はこの曲になる可能性が極めて高いです。

>今、一番人様の演奏で関心を示すのがバッハとモーツァルトでして・・・笑
そうですか、おんそうずでもきっとたくさん聴けると思いますよ。特にゼロシンさんというかたのバッハは定評があります。(別名、バッハ王子!)
バッハ、モーツァルト以外ですが、ばんちゃんさんの「別れの曲」も絶対一聴くの価値あります。リクエストしたらきっと弾いてくれますよ♪

タワシさん、こんばんは☆
上の記事も拝見しましたよ^^。この曲に決められたんですね。タワシさん & Mozart & C major、とても良い予感がします♪心の澄んだ明るいモーツァルトになりそうですね。おんそうずで聴けなくて残念です…。
さて、アルベルティバス(私はこういう用語がダメなんですが)、私なんぞが出しゃばるのはとても恐れ多いのですが、チョットだけ思ったこと。を書かせて頂きますね。あくまでも出来ないヤツの無責任発言と読み捨ててくださいませね〜。タワシさんが、この曲を弾かれるのに、そんなにもハノン・ツェルニー系を…と思われる事もないと感じます。(私は出来ないので、ずるずるやっていますが〜汗。)そうそう、面白い話。私が、そういう音型弾いて言われたこと、突然、左手にハノンが始まらない!(笑)。アルベルティ〜、私も左手苦手なだけに、幾つか思い当たるのですが…。1)一見単純なだけに、左手だけ練習していない。=左手練習し、左手だけで拍子感・その音楽をよくよく感じて弾く。2)うまく言えないのですが、もしかして?手の甲に力が入っている?→5-1, 4-1, 3-1, 2-1でトレモロの練習など 3)5指がひょっとして弱い?(左5なんて言う事聴いてくれない指ですよね…)→根元関節から意識して動かす練習。んー例えば、同音連打(16分音符×4×4拍で、拍の頭にアクセントつけるなど)4)アルベルティ〜には直接関係ないですが、4,5 3,4あたりの分離が今ひとつ?などなどでしょうか。…何だか長くなってきてしまいました。ごめんなさい。撤退しますね。
ところで、タワシさんがいつも気にされているミスタッチは、本番での事でしょうか…

らべんだ~さん>

>この曲はまだ候補ですか?
弾いてくれたら嬉しいなあ♪
→ブログ最新記事にあるとおりですよ~☆
私のモーツァルトを楽しみにしてくれるなんて、なんて奇特な!
指はほんとに回らないですけど、聴いていて心がわくわくするような演奏ができたらいいなあと思ってます。

らべんだ~さん、この曲記憶に残らないくらい昔に、もしかしたら弾いたかもしれないのですね。ソナチネアルバム1の途中でドロップアウトした私とは、やっぱりえらい違いだな~

マミさん>

新年のご挨拶まだでしたっけ?こちらこそ、遅くなってごめんなさい、今年もよろしくです~

オカリナの演奏まで聴いてくださったんですね。
ありがとうございます♪でも恥ずかし~(汗)といいつつ、今後もたま~にオカリナ録音もあったりするかも・・・

この曲難しそうですか?プロの演奏はよどみなくテンポも速いですからね~こんなふうに弾くのは確かに至難の業です。
でも私は、のろーいテンポでもっさり弾いているので(それでもミスタッチがなくならない)、たぶん別の曲に聞こえますよ(苦笑)
それでも楽しみながら演奏できたらいいと思ってます。(最新記事にも書きましたが、おんそうずはこの曲に決めましたので、あとはやるだけです!)

monetさん>

monetさんおはようございます。
そうなんです!この曲に決めちゃいました~!「明るいモーツァルト」になる前に、あまりにもミスタッチまみれで「よろよろモーツァルト」になりそうですが(滝汗)。
あ。私の言っているミスタッチは、(録音でももちろんゼロにはなりませんが)主に本番のことです。録音は、あまりにも、あちゃ~というミスがあるものは没にしてますけど、本番ではそうは行きませんから。

アルベルティバスのためにいろいろアドバイス感謝します。
なんだかどれも当てはまるようです。特に手の甲に力が入っているのと、指の分離ができないのが大きいかと。
ハノンやチェルニーでそれをやるかは別としてやっぱり地道な基本練習は欠かせないでしょうね。
がんばります・・・ピアノが嫌いにならない程度に・・・(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ